FC2ブログ

2016.07.03    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   山本五十六国葬の出発場所

昭和18年4月18日に戦死した山本五十六司令官の国葬は同年の6月5日に行われている。
国葬は日比谷公園出行われているが、国葬の為の出棺の場所は海軍の外郭団体である水交社とされている。
中央の白い台車に遺骨が乗っているようです。(良く見ると軍服が置いてあるようですね)
20160703_07.jpg

戦後、水交社本部ビルは米軍に接収されていたが、占領軍が返還を通告した後も、占領軍のフリーメイソンによって占拠され続けた。
その後、1950年(昭和25年)6月に、占領下の日本政府から、土地、建物とも、最低価格の8千万円で、「宗教法人東京メソニックロッジ協会」(現・一般財団法人メイスン財団)に払い下げられている。
20160703_01_24 mm

山本五十六氏の国葬は当時、皇族・華族以外で国葬になったのは、山本氏のみと言われている。
ちなみに、ここからそれほど遠くない場所に、山本五十六氏の愛人河合千代子も住んでいたようですね。
20160703_02_24 mm

いわゆる、日本のフリーメイソンのグランドロッジがここにあるわけですね。
20160703_03_64 mm

この場所
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog