--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.30    カテゴリ:  ツーリング 

   仙台ツーリング

今回は仙台まで1泊2日のツーリングです。
日が変わる頃自宅を出発して、夜明け前に郡山を通過、夜が明けていたら白河近くの阿武隈神社に寄りたかったのですが、暗いので通過・・・・

ちなみに、今回持って行ったデジカメはバカチョンコンデジのみ。
荷物を少なくするための決断ですが、後悔してます・・・・

まず最初に寄ったのは、国見にある鉄道遺跡。
今は道になってますが、昔は東北本線が通っていた場所ですね。
20150921_01_24 mm

白石にある高齢者向けの市営住宅。
映画「100回泣くこと」のロケ地ですね。
映画とかPVって、よくこういうところを探しますよね。。。
20150921_02_42 mm

市営住宅の外に停めていたバイクの場所。
まだ、朝なんでちょっと肌寒く、夏ウエア+防風インナ+ウインドブレーカーで丁度いい感じですね。
冬ウエアにしようかと思ったのですが、昼間は気温がたかそうなので、今回はこんな感じ。
20150921_03_.jpg

それからは、仙台市内をぶらぶらですね。
仙台に入って回ったのは、観光地ではなく神社ばかり・・・
その1つ目、高台にあり仙台が一望できる神社でした。
行くまでは、小さい普通の神社と思っていたのですが、大きい神社でしたね。
ここで軍艦の慰霊碑を見てきました。
20150921_04_26 mm

続いては、青葉城とも呼ばれる仙台城にある神社。
ここは・・・・観光地になっているようです。
朝も早いのに、麓から駐車場への車の行列に並んで、どうにか入りました。
ここにある英霊顕彰館が目当てです。
でも・・・館内に張ってあった軍艦多摩の張り紙の内容が気になり、お寺の人に聞いたのですが、担当不在と言う事で意味不明のままです・・・・・
20150921_05_.jpg

神社3社目は、軽巡洋艦の艦内神社ですね。
思ったより大きく、立派な神社でした。
しかし・・・立地が艦内神社に選ばれるには、遠いしもっと有名な神社が近くにあるのになぜ。。。と言う疑問が残ります。
その点が不可解なので、神主さんに話しを聞けて良かったかも。
20150921_06_64 mm

出発前日に見つけた、オーダー時計を作成してくれるお店です。
個性が強いので、合う人にはいいかもしれませんが・・・・と言う感じのオリジナル時計を作成してくれるようです。
20150921_07_.jpg

東北の観光や産業の復興をバックアップするろっけんパークにも行ってみました。
奥の喫茶には「WUG」の新作映画の宣伝コーナーがありましたが・・・・映画の公開は9/25から・・・・
何日か遅かったらついでに見れたのに・・・・

この後、仙台駅でお土産を買ったのですが、人・人・人の大混雑・・・・
まぁ、町を走っていても、去年来た時よりも凄い人出だなとは、思ってましたが・・
嵐のコンサートのせいだったのですね・・・・
迷惑な事です。
20150921_08_24 mm

翌日はホテルをAM5:30に出発。
多分、混雑が予想されるので、前回より30分早く出発です。
20150922_09_24 mm

R4は前回の混雑で懲りたので、R6のコースで東京に戻ります。
ただし、R6の一部区間ではバイクの通行ができないので、その区間は常磐道を走ります。
全然車の走っていない常磐道ですが、この写真を撮った場所は、原発の帰宅困難地域の中です。
雑草の生い茂る田畑、雑草に囲まれている家々。
生活感のない風景を見る怖さを感じた場所でもあります。
ある意味、今回のツーリングで一番印象に残った場所です。
ここまでR6沿いに走り、確実に復興している感があったのですが、ここはそのまま忘れされられている場所でしたね。
20150922_10_.jpg

高速を降りて、広い畑があったので、小休止もかねて写真です。
生活観のある風景をみてほっとします。
20150922_11_24 mm

薄磯海水浴場だった場所です。
観光案内には、まだ載っているようですが、薄磯海水浴場はもうありません。
砂浜にある展望台でバイクを乗せて撮ろうと思ったのですが・・・・・・
震災による影響で、高い防波堤の工事があり、砂浜は消滅していました。
バイクを停めた場所前のみ砂浜がのこっているようですね。
20150922_12_.jpg

いわき・ら・ら・ミュウに来ました。
ま、お土産も買うのですが、目的はバイクの後に写っています。
20150922_13_.jpg


多分、1~2年後にはわからなくなると思っている場所なんで。
事実、いわきでは3つ見にきたのですが、1つは撤去されていて見ることができませんでした。
20150922_14_.jpg

五浦六角堂ですね。
この六角堂も震災での津波で流失し、今の六角堂は再建されたものですね。
自分の思いよりも、観光地だったのがびっくり。(自分が知らなかっただけですが・・・)
20150922_15_26 mm

あとは、ひたすら走り自宅をめざしました。
コースが良かったのか、渋滞もなくほぼ順調に家に着くことができましった。
スポンサーサイト

2015.09.29    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   めだかの学校

童謡「めだかの学校」はこのあたりの情景を描いたものらしい。

作詞した茶木滋は、横須賀市出身で、終戦直後にこの荻窪用水の近辺を散策していて曲を考え付いたと言う。
今は、当時のイメージを再現した小さい公園の様になっていおりました。
20150719_11_.jpg

奥に目立たない感じで、碑が立っていました。
20150719_12_24 mm

池には残念ながらめだかは居ない感じですね。
20150719_13_.jpg

この場所

2015.09.28    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   太平洋戦争最後の空襲

米国得意の国際法違反ネタです。
昭和20年 8月15日(玉砕放送があった日)の午前0時から午前3時の間、B29の爆撃を受けた小田原です。
ほぼ、同時刻に複数個所爆撃をしたようです。
この爆撃で、一般市民が50人程度死亡したようです。
この事を残す為、小田原に「小田原空襲の碑」がありました。
20150719_10_24 mm

街角のお店の壁に碑があり、見過ごしそうになります。
20150719_09_24 mm

なぜ、国際法違反ネタと言ってるかの理由ですが、
① 一般市民を攻撃してはいけない。(多分84師団に対する爆撃なのだが、場所がずれすぎている感じ。)
② 降伏の受諾後の攻撃。日本の降伏受諾は8月14日。
とまぁ、自分勝手な軽い理由なので、間違えている可能性もあります。
でも、米国の国際法無視は現代も続いているので・・・

この場所

2015.09.27    カテゴリ: スポット気になる 

   たたみやと言う八百屋

小田原に向かう1号線沿いにあったたたみや商店と言う八百屋?さんですね。
なんでこの店名なのと言うお店ですね。
ネットで探してもいわれは出てこない・・・・
20150719_08_.jpg

この場所

2015.09.26    カテゴリ: スポット 

   鷹取山林道

住宅街の谷間にある鷹取山林道。
とても住宅街の中にある林道とは思えませんが、距離は2km程度と短い・・・・
でも、林道雰囲気を気軽に味わえる道ですね。
20150719_07_.jpg

この場所

2015.09.25    カテゴリ: 写真日記艦コレ 

   三笠公園

三笠公園に来ました。

公園自体は無料で入れますが、三笠の艦内を見るのは有料です。
バイクは公園手前の歩道に停める場所がありますが、意外と気がつきにくい・・・・
私は気がつくまで、結構時間がかかった・・・
20150809_06_24 mm

入って順路を行くと・・・オモシロ人形が・・・
大砲の弾込め風景なのでしょうが、砲弾が小さいとか色々突っ込み処がありそうです。
20150809_05_24 mm

基本的に三笠の艦上建造物は復元ですね。
大砲などはくず鉄として1度は売られてしまいましたしね。
20150809_07_.jpg

操舵室ですね。
今の船と比べるとシンプルですね。
有名は日露戦争での絵は、操舵室の上ですね。
20150809_09_.jpg

艦内は資料館のようになっています。
太平洋戦争時代の戦艦と比べるとかなり居住性が良い感じがしますね。
20150809_08_24 mm

この場所

2015.09.24    カテゴリ: ロケ地PV ロケ地 

   井上苑子「大切な君へ」PVロケ地

2015年7月1日にリリースされた井上苑子さんのメジャーデビューミニアルバム「#17」の収録曲。
すみません・・・・これ以外知らないのです。
勝浦に行くので、なんか無いかと探して見つけたPVロケ地です。

PV27秒頃に出てくる階段。
守谷海岸の左にこうの助食堂の脇の階段です。(この場所
20150905_14_24 mm

PV33秒頃に出てくる階段と海岸は、こうの助食堂の前ですね。(この場所
20150905_16_.jpg

PV45秒頃の場所。
20150905_15_.jpg

PV2分頃の道路は守谷海岸にアプローチする道ですね。(この場所
20150905_06_222 mm

PV3分32秒頃の展望台は植村記念公園ですが・・・公園と言うより駐車場と言う感じの場所ですね。
ストリートビューでは、まだ展望台はできてないようですね。
この場所
20150905_05_24 mm

2015.09.23    カテゴリ: 写真日記艦コレ 

   駆逐艦沖風の慰霊碑(勝浦平和観音)

峯風型駆逐艦の3番艦の沖風の慰霊碑です。

1919年10月3日(大正8年)進水。
第2駆逐隊(峯風、澤風、矢風)を編成した、昭和5年には空母赤城の直衛となっている。
第2駆逐隊での、喪失艦は沖風のみ。(近日峯風、澤風ネタをUP予定)
上海事変においては、長江の作戦に参加。
1942年4月10日(昭和16年)、横須賀鎮守府に編入され、日本近海の船団護衛・対潜掃討に従事。
1943年1月9日(昭和18年)勝浦沖で米潜水艦トリガーの雷撃(魚雷2発)により勝浦灯台南方8海里で沈没し45名が死亡6名が行方不明。
おきかぜの艦名は海上保安庁の巡視船に引き継がれており、現在のおきかぜは4代目。

今まで何度見ていて気にしなかった看板ですが、この階段を上がると沖風の慰霊碑があります。
意外と急な階段ですよ。
20150905_04_24 mm

上がると雑草の中に勝浦平和観音(駆逐艦沖風慰霊碑)があります。
ただ、回りの雑草と比べると、観音像の回りの雑草が短いので、お盆には雑草を綺麗に刈っていたのだと推測できます。
平和像も綺麗で清掃が行き届いていますね。
20150905_09_24 mm

平和像のところから見える景色です。
多分、この方角の8海里(約14.8K)先に沖風が眠っているのでしょう。
勝浦灯台は、写真で言うと右側にあります。(木々で見えませんがすぐ近くです・・・)
wikipediaにトリガーより撮影された沖風の断末魔の写真が載っています。
房総沖で沈没したと言われる駆逐艦は、この沖風と山風がありますね。
山風は白露型駆逐艦8番艦で白露型駆逐艦の初の喪失艦ですね。
20150905_10_24 mm

観音像の台座の3面にプレートが埋め込まれてあった。
戦死者氏名だが、乗員数は154名なので、助かった方もいた感じがしますね。
20150905_11_58 mm


沖風の生存者の方が、戦死された兄弟に対しての慰霊板のようです。
「合祀
 南海の孤島に散りし陸海の玉と砕け幾蔓の
 熱鉄身を約くビアグ島 硫黄のにおいなお強し
 血肉のそまりし土と砂 故国の丘に埋葬す
 平和の象徴観音のみそばに集いてやすらかに
 眠れ給えといのるなり
 ニューギニア ビアグ島玉砕諸精霊
 長兄 陸軍伍長 吉田賢冶郎霊
 外 一萬一千余名
 硫黄島守備隊 諸精霊
 次兄 海軍水兵長 吉田幸二郎霊
 外 一萬九千九百余名
 昭和五十二年一月十日
 岩手県・・・・(住所なので伏せます)
 駆逐艦 沖風 生存者信号科
 海軍一等水兵 吉田○○○ 建之 (○○○は名前なので伏せます)」
 推測ですが、観音像の台座下に、ビアグ島・硫黄島の砂・土も埋葬されているのではと思います。
20150905_12_52 mm

「駆逐艦沖風を偲ぶ
 対潜掃蕩任に就き 指して航くは鹿島灘
 時しも昭和十八(そや)の年(とせ) 一月十日の真昼間に
 敵潜魚雷を身に受けて マストは倒れ警笛悲し
 黒潮渦巻く唯中に 都の方を伏し拝み
 君万歳の声かれん 嗚呼駆逐艦沖風の
 艦長諸々五十余霊 月明冴ゆる海原の
 勝浦沖の底深く 眠りし上官吾が友よ
 櫻と散って幾星霜 功は永遠(とわ)に雄叫ぶぞ
 散るべき時を失った 大和櫻の枝折れて
 新生日本の傷痍の身 昔をしのんで慰めん
 合掌」
 
なぜか、「散るべき時を失った」と言う言葉に引っかかりを覚えます。
どういう心情だったのか・・・・・
 20150905_13_42 mm

この場所

2015.09.19    カテゴリ:  ツーリング 

   勝浦ツーリング

久々のツーリングは勝浦です。
と言っても、勝浦に行って帰ってきたと言う感じですが・・・

行く途中にあったムーミンスポット。
いすみ鉄道の総元駅近くの鉄橋ですね。
以前は、ムーミンの釣竿で魚が釣れていたんですが、今はいないようですね。
20150905_01_.jpg

結構な距離から撮っています。
300mm(フルサイズ換算)で撮ってトリミングしてどうにかと言う感じですかね。
F900の最大望遠の方がまだ大きくとれますが、さすがに画質が厳しい・・・
20150905_02_36 mm

勝浦の遠見崎神社の階段ですね。
毎年ひなまつりでひな壇とななる階段ですが、今の時期はただの階段ですね。
勝浦の朝市も夏休みが終わったので、店も少なめ、観光客も少なめと言う感じです。
20150905_03_24 mm

今回の目的地の1つは、勝浦灯台近くにある駆逐艦沖風の慰霊碑。
後の階段を上がった場所にあるようです。
20150905_04_24 mm

植村記念公園の展望デッキですね。
公園とありますが、単に駐車場に展望デッキがあるだけの場所ですね。
今回のツーリングで沖風だけでは、寂しいかと思い近くに何かないかと、「fumi Diary 2号店」で探したPV井上苑子「大切な君へ」ロケ地も回ることにしました。
曲自体は初めて聴いた曲なんですが・・・
20150905_05_24 mm

ここもPVロケ地。
鎌倉・葉山でよくある撮影スポットの感じですが、こちらの方が開放感がありますね。
なかなかいい撮影スポットかもしれませんね。
20150905_06_222 mm

バイクを置いて一番撮りたかった場所は、さすが人が多くなってくると無理。。。
回りを見てよさそうかなと思った場所で撮ってみた。
20150905_07_44 mm

アイスを食べてとっとと帰ります。
久々でしたが、楽しかった。。。
20150905_08_.jpg


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。