全2ページ
このページのリスト
2013.05.31   カテゴリ:《 日々の事 》
  僕の半分は・・・・・何?
2013.05.31   カテゴリ:《 食事 》
  やきそば今井屋
2013.05.30   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  岩井堂
2013.05.29   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  変な六地蔵
2013.05.28   カテゴリ:《 B級スポット 》
  抜けなくなった男
2013.05.28   カテゴリ:《 アニメ モデル地 》
  あの花寺
2013.05.27   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  地蔵塚
2013.05.27   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  十三地蔵
2013.05.26   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  乳水場(ちすいば)
2013.05.26   カテゴリ:《 ツーリング 》
  秩父ツーリング
2013.05.25   カテゴリ:《 日々の事 》
  原宿散歩
2013.05.25   カテゴリ:《 日々の事 》
  つまんない計算・・・
2013.05.24   カテゴリ:《 カメラ 》
  拡大アイカップ購入
2013.05.23   カテゴリ:《 有名人 》
  ファンモン寺
2013.05.22   カテゴリ:《 お土産 》
  原宿 瑞穂
2013.05.21   カテゴリ:《 スポット 》
  関東一のミニ国道
2013.05.20   カテゴリ:《 スポット 》
  地図から消された橋「青海橋」
2013.05.19   カテゴリ:《 映画・TV ロケ地 》
  【ツナグ】土谷功一が雨にうたれていた公園
2013.05.18   カテゴリ:《 ツーリング 》
  今日は・・・・
2013.05.17   カテゴリ:《 日々の事 》
  おまんじゅ??
2013.05.17   カテゴリ:《 写真 》
  妙法寺散歩 その3
2013.05.16   カテゴリ:《 映画・TV ロケ地 》
  映画【ツナグ】ロケ地 死者と会うHOTEL
2013.05.16   カテゴリ:《 写真 》
  妙法寺散歩 その2
2013.05.15   カテゴリ:《 写真 》
  妙法寺散歩 その1
2013.05.14   カテゴリ:《 観光地 》
  久那の鯉のぼり
2013.05.14   カテゴリ:《 観光地 》
  南牧村の「日本のおへそ」
2013.05.13   カテゴリ:《 観光地 》
  鉄道神社
2013.05.13   カテゴリ:《 お土産 》
  伊東酒造株式会社
2013.05.12   カテゴリ:《 観光地 》
  シュールなうさぎ(神長官守矢史料館)
2013.05.12   カテゴリ:《 観光地 》
   分杭峠
► 次のページへ

2013.05.31    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   僕の半分は・・・・・何?

僕の半分って何でしょうね????


君です。。。。


オヤジなのにロマンチック!!

僕っていう字は14画。。。
君っていう字は7画で僕の半分ですからね。

それだけなんですけどね。。。。
スポンサーサイト

2013.05.31    カテゴリ: スポット食事 

   やきそば今井屋

山登りをした後はお腹がへってしまいました。。。。

今井屋に行って、みそポテトと焼きそばを買おうかと思い寄ったのですが・・・・・

着いたら・・・臨時休業ですと・・・・
ご不幸があったとのこと。。。
しょうがないですね。
また・・・次回。。。
20130525_25_75 mm

しかし・・・・気分はみそポテト。。。。。。
どうにかして食べたい気分ですから・・・・
仲見世にお土産を買いついでにみそポテトを物色。。。
20130525_26_58 mm
住所:埼玉県秩父市下影森173
平均予算:焼きそば200円
みそポテト200円
駐車場:無



仲見世で売っていたみそポテト・・・
ちょっと冷えてるのが寂しい・・・
みそも少なめ・・・・
でも食べます。。。
20130525_28_42 mm

飲み物も「あの花」でした。
普通に自販機で買ったのですが・・・
ここまで力をいれているんですね。
20130525_27_24 mm

2013.05.30    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   岩井堂

秩父札所二十六番円融寺と奥の院と言われる岩井堂はかなり離れた場所にあります。
広場にバイクを置き、普通のハイキング道みたいな参道を200m程歩くと・・・・

1段の幅が広い階段にたどり着きます。
この辺は楽勝でずんずん歩いてゆきます。
20130525_19_.jpg

その道を登ると、古い階段がはるか上の彼方まで続いています。。。。。。

帰ろうかな???と考えるポイントでしたが・・・
登り始めます。
上り始めると・・・最初は階段もそれなりの幅もあるし、急ではないのでいいのですが・・・
階段の幅が靴のサイズ程度になり・・・・
1段の高さも30cmはある感じ階段になります。。。
なんか崖を登っている感じですかねぇ・・・

ここを登り終えると、おかわりです。。。
もう1回階段があります。。。。
お堂が見えなかったら、絶対戻ると思いますね・・・私なら。。。
20130525_20_.jpg

ようやくお堂の下につきました・・・
十分へたばってますから、しばらく休みます。。。。。。。。

思ったより森の中にある感じですねぇ。
20130525_21_.jpg

お堂の脇の階段を登ると、お堂の裏には祠がありますねぇ。
20130525_24_.jpg

お堂からの景色がいいとガイドには書いてありますが・・・・
木が成長して景色をさえぎっていますから、景色は良くない。。。。
20130525_22_.jpg

お堂の中には入れないようですね。
居る間、このお堂に来たのはハイキングの家族連れだけでしたね。
やはり、結構きつい。。。
20130525_23_.jpg

あと、岩井堂に来るとき、昭和電工の工場の私有地に入るような感じの場所があります。
そこで「岩井堂に行く」と言うと、「どうぞ」と言う感じで入れます。

住所:埼玉県秩父市下影森
駐車場:有

2013.05.29    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   変な六地蔵

秩父札所12番の仏道山野坂寺にやってきました。
まずは重厚な山門が迎えてくれます。
この山門、重層入母屋造りで左右の花頭窓の内に十王像が安置され寬保元年(1741)の建立だそうです。
明治末期に火災が起こり、寺は焼失してしまったが、幸いに山門だけは残っているそうです。
この山門をくぐると・・・・
20130525_15_.jpg

目的の変な6地蔵が参道をはさむ様に3体づつ並んでいます。
普通の地蔵はだいたい同じ姿勢なのに、ここの地蔵は横を向いていたり・・・
招き猫のポーズだったりと色々ですねぇ。。。
何ででしょうかね。

ここの6地蔵は「童顔の六地蔵」と言うようです。
童顔の六地蔵尊には、個々に“心”の文字が刻まれているそうです。

「動」 直心 人の為に動く無畏の心
「優」 温心 穏やかな心、灯のある心
「願」 祈心 喜んで人の為に祈る心

20130525_16_16 mm

「空」 佛心 虚空の如く広く深く明るい心
「?」 無心 無策の心子供のいたずら心の如し
「友」 思心 思いやりの心、人と共に生きる心
等の意味があるようです。
20130525_17_52 mm

6地蔵を通ると本堂です。
消失した本堂を再建しているので、山門と比べると新しいですね。
20130525_18_.jpg

住所:埼玉県秩父市野坂町2丁目12

2013.05.28    カテゴリ: スポットB級スポット 

   抜けなくなった男

秩父市内の釜之上と言うお店の前にあった人形。。。。。

何のために・・・

ジーンズ屋さんならまだわかるが、多分お布団屋さんだし。。。。

実はナニコレ珍百景紹介スポット。
「釜之上」の店頭にいる“釜ちゃん”。
これは、ジーンズメーカーが作った下半身だけのマネキンを、約50年前に先代の店主がもらってきたもの。
営業時間中のみ見ることができます。
20130525_14_75 mm

住所:埼玉県秩父市中町7-3
電話番号:0494221041

2013.05.28    カテゴリ: ロケ地アニメ モデル地 

   あの花寺

秩父札所17番の定林寺にやってきました。
住宅地の真ん中にあるお堂ですね。
定林寺は平将門の子孫・壬生良門の忠臣林太郎定元の墓があることから定林寺と名づけられたらしいが、ここを選んだ理由はそれじゃありません。。。
20130525_13_16 mm

こんな絵馬が飾られています。
「あの花」の作者・脚本家の岡田麿里さんは、秩父出身で、定林寺の近くで育ったらしいですね。
その縁で、この定林寺には、限定であの花絵馬があるようですね。
他の巡礼地と違い、あきらかにアニメ巡礼と思われる人も見受けられます。
しかし・・・今でも売ってると言う事は、限定なのか???
20130525_11_19 mm

お土産に絵馬を買おうと思ったら、新たにお守りと小さい絵馬が増えていましたので、そちらを購入。
お守りは何のお守りかと思ったら・・・・自分で勝手にお願いを書くタイプですねぇ。。。
それで、あの花お守りと言う名前なのね・・・・
20130525_12_52 mm

このアニメは、今年(2013年)に映画化されるそうですね。
人気なんですかね。。。

この場所

2013.05.27    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   地蔵塚

秩父巡礼の22番童子堂にやってきました。

今まで秩父の巡礼地を回って事はなかったのですが、意外とそのままで放置している感じの建物ばかりなんだなぁ。。。
と言う感じがします。
しかし、ここは今回で一番歩かなくて済んだ場所。
お堂の横が駐車場でしたからね。
20130525_10_.jpg

お堂の向いに地蔵堂がありました。
一見ストーンサークルの様な感じもしましたが・・・

役目を終えた地蔵が収められていますね。
覗いていいものか、悩んだんですが、やっぱり見てしまいました。
20130525_09_52 mm

地蔵もあるのですが、お人形もありますねぇ。。。
この地蔵堂の言われを探したのですが、わからず。。。
お堂の人にも聞いたのですが、正確な事がわからないといってましたね。
20130525_08_52 mm

住所:埼玉県秩父市寺尾3595
駐車場:有

2013.05.27    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   十三地蔵

やってきたのは二十三番音楽寺巡礼の古道。

音楽堂を過ぎ、丘の上にやってきました。
音楽堂の駐車場からだと、歩いて10分程度だと思いますね。
見晴らしのいい丘に十三地蔵がいます。

生憎の曇り空なんで武甲山は雲に隠れてみえませんが・・・・
ただ、巡礼の方が、昔は景色がもっと良かったといってました。
確かに、地蔵を囲む様に建物ができていいますね。
真正面の一番景色をさえぎっている建物は霊友会と言う宗教法人のもののようですね。
なんで観光資源をつぶすような建築許可をするのでしょうね。。。。疑問です。
20130525_07_52 mm

この十三地蔵は、文暦元年(1234年)甲午三月十八日、性空上人をはじめとする13人の権者が秩父霊場を巡拝し、札所を設けたといわれていますが・・・
観音札所開創にふさわしい日と言う事でこの日付になったっらしいですね。
実際別の古文書によると文治三年(1187年となっいますし・・・
かなり昔からの巡礼地であったことには違いないと言うことですね。
20130525_06_52 mm

住所:埼玉県秩父市寺尾


2013.05.26    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   乳水場(ちすいば)

秩父札所20番 岩之上堂にやってきました。

秩父札所のなかで最古の建物といわれている岩之上堂で、唯一旧家の内田家(現在16代目)が建立して、内田家の個人所有のお堂です。
当然、巡礼者は入る事ができます。

当日は内田家のおばあさんが「いらっしゃい」と迎えて頂きました。
本当に個人のお宅に伺う感じがしましたね。
20130525_03_.jpg

岩之上堂の参道を歩くと乳水場へ向かう急な階段があり、下りてゆきます。
この階段の通路が昔の参道でしょうね。

乳水場は昔、栄養不足で、母乳があまり出なかったお母さんが良くお参りに来たそうです。
岩から雫が垂れ、受け皿をおいて溜めておいてあげたらしいですね。
今は時期的に枯れているのか、水がある感じはしなかったですが・・・
20130525_04_.jpg

乳水場の案内板ですね。
20130525_05_24 mm

この乳水場の脇には荒川まで降りれたろうと思う、参道跡があるようですね。
昔は船で川を渡り、岩之上堂に参拝に来たのでしょうね。

住所:埼玉県秩父市寺尾

2013.05.26    カテゴリ:  ツーリング 

   秩父ツーリング

今週は秩父までツーリングに行ってきました。

秩父と言えば巡礼のお寺がありますが、今回は巡礼のお寺で、私が面白いと思う物を見て回りました。
多分ツーリングのスポットとしても言いと思うところだと思います。

ここは岩の上堂の駐車場です。
今回は巡礼のお寺と言う事で、巡礼中の団体に会うことが多かったですね。
20130525_01_52 mm

巡礼のお寺関連を回ったわけでしたが、ここだけは巡礼の人と出会いませんでしたね。
多分、ここから30分は山を登らなくてはならないからだと思いますが・・・・
巡礼の方は、この下にあるお寺までしかこなかいのでしょうね。
20130525_02_.jpg

どうしてもスポット探しをしていると、お寺を調べる方が簡単に見つかりやすいですよね。
それ以外だと、地元の方のBOLGやHPをくまなく回り、隅っこにある記事を調べると言う地道な作業が多いんで・・・
たまにダイレクトにスポットを書かれている方も多いですけどね。
今回はちょっと不精してお寺シリーズです。

2013.05.25    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   原宿散歩

原宿をカメラを持って散歩しました。

まだ、お店は開いていない時間ですから、普通とは違う感じですね。
20130518_14_75 mm


裏道を歩くと、地方とは違う廃墟。。。。
廃墟は大げさですが、主の居なくなった店が以外とあるんですね。
そして、新しい主が入居する。。。
20130518_15_46 mm


少しづつ風景が変わってゆくんですね。

2013.05.25    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   つまんない計算・・・

なんとなく、カメラへかけた費用を計算。。。

BMWのツアラーが買えそう。。。。

少し自重しないと・・・

2013.05.24    カテゴリ: 写真日記カメラ 

   拡大アイカップ購入

拡大アイカップを購入しました。
最近目が・・・・
と言う事もありまして、ファインダーが1.18倍になるので・・・

まぁ・・ピントはAF派なので、マニュアルレンズ以外はAFで済ますのですが、何処にピントがあってるかわかりずらかったんですよね。

20130510_01_46 mm
SONY NEX-5R


装着してみました。
ちょっと出っ張りができましたね。
今までのファインダーだと、ライブビューボタンに鼻があたったりして、急にライブビューになったりしましたが、コレで当たる心配もなくなりましたね。
それに今までよりはファインダーもみやすくなりましやね。
20130522_01_52 mm
PENTAX K-01

2013.05.23    カテゴリ: スポット有名人 

   ファンモン寺

法蓮寺は嘉元2年(1304年)遊行二祖他阿真教上人により開創された時宗のお寺。

松姫と共に落延びてきた仁科五郎信盛の娘督姫が一時身を置き出家した場所とも言われています。
督姫は法蓮寺で仏門に専念し父母そして先祖の菩提を供養していましたが、病気の為大久保長安に寄進してもらった草庵に戻ります。
そして慶長13年7月29日29歳の若さでこの世を去り、玉田院に葬られました。
しかし、玉田院は廃寺となり、後に督姫と侍女の墓を極楽寺に改葬されています。
法蓮寺の本堂は、平成10年に再建されており、督姫が居た頃の本堂はなくなってしまいました。

と言う結構凄いお寺なんですが、境内にそれを示す案内板も何もありません。
どちらかと言うと殺風景な境内ですね。
しかし、最近のお寺は荒廃してるか、きらびやかかのどちらかなので、お寺らしい感じのお寺ですね。

下の写真のカットなんですが・・・・
連写で4カット撮った1枚です。
しかし・・・1枚目(下の写真)と3枚目は同じなんですが、2枚目に本堂の前に人がいました。。。。
男女もよくわかりませんが・・・・
拡大しても全身黒い・・・・怖いので削除しましたが・・・
偶にあるんですよね、その方面を信じてる人ではないんですが。。。
20130518_12_.jpg

あとこのお寺の副住職はファンキーモンキーベイビイのDJケミカルさんらしいですね。
将来は住職の就かれる予定なんでしょうが。
しかし・・・私は誰なんだかわかんないんですが・・・
20130518_13_.jpg

住所:東京都八王子市川口町

2013.05.22    カテゴリ: スポットお土産 

   原宿 瑞穂

帰り道に久々原宿瑞穂に寄って豆大福を買いました。

原宿と言うと洋菓子等のお土産を思う人が多いですが、昔は和菓子屋とフルーツだったんですよね。
和菓子は水ようかんだったですけどね。
フルーツは京橋千疋屋ですね。

今日は原宿では新しい和菓子屋の原宿瑞穂の豆大福(1981年開店)。
かなりボリュームがある大福なんで、1個で十分と思ったのですが、6個入り(1310円)を購入。
相変わらず常に1~2組のお客さんが待っていると言う感じですね。

20130518_10_33 mm

この日も朝だったので買うことができましたが、9時過ぎなのに本日分の半分は売れてしまったと言ってましたね。
お味は上品で甘みの少ない餡と大きめの豆が特徴ですかね。
お豆の量が昔と比べると少し少なくなった気がしますが・・・・
1個が大きいので、今の私には十分。
相方は久々と喜んでましたけど、「まだ、新しい店なのよね。」と地元っ子からすると老舗も新しい店のようですねぇ。。。。
20130518_11_24 mm

店名; 原宿瑞穂
TEL:03-3400-5483
住所:東京都渋谷区神宮前6-8-7
定休日;日曜日
営業時間;8:30~(売り切れ次第)
     土曜は昼過ぎには売切れ。


2013.05.21    カテゴリ:  スポット 

   関東一のミニ国道

道路標示版が唯一この場所が国道130号であると示す表示です。
この国道全長480mの関東一のミニ国道なんです。
20130518_02_52 mm

先に見える交差点から国道316との交差点までが国道130号。。。。
県道では結構あったりするんですが、国道では珍しいかも・・・
20130518_01_52 mm

住所:東京都港区芝浦1丁目5

2013.05.20    カテゴリ:  スポット 

   地図から消された橋「青海橋」

東京お台場に、地図からその名を消された橋が存在します。
その橋の名は「青海(あおみ)橋」。

この橋は数十億円の費用を投じて、1987年に完成しましたが、橋の両側の道路が開発の見直しによって廃止され、それとともに橋も通行禁止になってしまいました。
撤去するには、建設費と同額くらいかかるので結局そのまま残されることになりました。
現在は橋の両側には柵が立てられ、人や車が行き交うこともなく今もひっそりと佇んでいます。
20130518_07_22 mm

こう見るとまだ、現役の橋と言う感じですね。
20130518_08_.jpg

橋の近くにある案内板です。
現在は青海橋と言う名称も無くなり、夢の大橋と言う名のようですね。
見ると過去道だった場所が判ると思います。
しかし・・・・水の広場公園とありますが・・・誰もいませんねぇ・・・
20130518_09_24 mm

住所:東京都江東区

2013.05.19    カテゴリ: ロケ地映画・TV ロケ地 

   【ツナグ】土谷功一が雨にうたれていた公園

『ツナグ』は辻村深月の著した連作短編小説の映画化(2012年10月6日公開)。

この場所は土谷功一(佐藤隆太)が日向キラリ(桐谷美玲)と会うのを躊躇し、雨に打たれていた公園の場所。
近くの歩道橋の上から撮った物ですね。
特徴的な護岸が映画でも印象に残っていました。
20130518_04_75 mm

撮った歩道橋ですが、映画でもこの歩道から撮っているのですが、クレーンを使い、望遠でとっているようですね。
映画と同じアングルを機材なしで再現は無理。。。。
20130518_06_75 mm

映画と同じアングルはおじいさん・おばあさんの集会場と化しているのでとれませんでした。
それなんで隣を撮っています・・・
このおじいさんも置物化しておりうごきませんが・・・
20130518_05_30 mm

住所:東京都江戸川区臨海町2丁目

2013.05.18    カテゴリ:  ツーリング 

   今日は・・・・

今週は明日が雨予報ですね。
今日は昼に予定あったので、朝と午後の2回ぶらぶらと走ってきました。

朝は都内で数箇所まわりましたが・・・
写真を撮らなかったけど、6時前の六本木って面白い・・・
色んな人間模様が見れそう・・・・
望遠を持って行くといいかも・・・と思いましたね。

そして午後は八王子近辺。。。
午後なんで、車も多く、出るのも遅かったんで、結局は1ケ所だけ・・・

写真は滝山自然公園行く道の途中。。。
頂上まではバイクで行けないので、登ろうと思ったのですが・・・・
やめてしまいました。
時間が・・・・と言う理由のたたの根性なしですが。
20130518_03_.jpg

そんなんで、なんか中途半端に過ごした1日と言う感じです。。。。
ちゃんと走りたいわぁ~

2013.05.17    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   おまんじゅ??

渋谷東急の地下で買ってきたおまんじゅう。。。

おまんじゅうとは思えない色と風貌。。。。

でも、おまんじゅう。。。

6種類あったけど、パンダは売り切れでした。
中身は同じらしいけど。。。

味は・・・まぁ・・・コンビニで売っているおまんじゅうといい勝負と言う所ですね。。。
でも、思わずてがでちゃいました。。。
20130508_01_37 mm

帰ってから製品名を見ると・・・
「とんだりはねたり」と言う商品名でした。。。

しかも・・・「たちばな」で売っていると・・・・

お店・・・近所じゃん・・・
単に売っているのを知らなかったんだ・・・・

2013.05.17    カテゴリ: 写真日記写真 

   妙法寺散歩 その3

妙法寺散歩も最後になります。

妙法寺境内を歩いていると有吉佐和子の碑がありました。
『恍惚の人』等を書かれたベストセラー作家さんでしたね。
有吉佐和子さんは生前この妙法寺の近所に住まれていた縁で、ここに碑をたてられたそうですね。
最初見た時、お墓かと思ったんですが、お墓は小平霊園にあったはずなんで・・・・
同い年で早くに亡くなっているので、印象に残っている作家さんでした。
20130512_09_22 mm

妙法寺を出ると、妙法寺名物揚げまんじゅうが目にはいりましたので、早速買いに入店しました。
揚げ饅頭は好きなんですよね。
ちなみに1番好きな揚げ饅頭は高幡不動で売っているやつですが。。。
20130512_07_24 mm

清水屋さんは注文を受けてから揚げる方式のようですね。
川崎大師の揚げ饅頭と同じく、天ぷらみたいに揚げる饅頭でした。
高幡不動の揚げ饅頭は素揚げですね。
軽く揚げてあるので、カリカリ感はないけど、食べるにはとってもいい感じ。
饅頭もやわらかいし、甘みも強くなく美味しかった。。。
今度からここに買いにこよう。。。。
20130512_08_24 mm

2013.05.16    カテゴリ: ロケ地映画・TV ロケ地 

   映画【ツナグ】ロケ地 死者と会うHOTEL

久々に感じますが、ロケ地に行ってきました。
まぁ・・・近くに行く用事があったからなんですが・・・・

映画「ツナグ」で死者と会うホテルの外見に使われたビルです。
実際は「Csfe de la PRESSE」と言うカフェですね。
かなり高級そうなカフェですね、外から見る限りは・・・・

映画と同じく、今日は雨。。。
丁度一番降っている時に写真を撮る羽目になりましたが・・・

左上は映画で土谷功一(佐藤隆太)が日向キラリ(桐谷美玲)と会うのを躊躇しているシーンですね。
この後、松坂桃李さんは、佐藤隆太さんを探しに川口駅東口に行き、その後都内の公園で見つけるわけですね。
なんか結構色々な場所でロケをしているんですね。

この映画のロケ地であと行く可能性があるのは、土谷功一(佐藤隆太)が雨の中佇んでいた公園と松坂桃李さんと樹木希林さんが話し合う公園?には行ってみたいですね。

ちなみに海辺の芝生のシーンは葉山ですね。
若い頃から、バイクで走り回っているせいか、映画を見てると場所が判る場合も結構あるんですよね。。。
20130516_01_46 mm

住所:神奈川県横浜市中区日本大通

2013.05.16    カテゴリ: 写真日記写真 

   妙法寺散歩 その2

妙法寺散歩の続きです。


最初通った時は本堂だと思った祖師堂。
このお寺で一番大きいお堂ですね。
20130512_04_.jpg

そして、国指定重要文化財の鉄門。
明治11年、英国人J・コンドル博士(鹿鳴館・上野博物館・ニコライ堂などを設計)設計による貴重な和洋折衷様式の鉄門があります。
20130512_06_.jpg

最後が仁王門。
1787年に再建されたものらしいですね。
20130512_05_.jpg

あと1回つづく。。。

2013.05.15    カテゴリ: 写真日記写真 

   妙法寺散歩 その1

今週末(5/11・12)はツーリングに行ってません。。。
それもっあって、杉並の妙法寺まで散歩をしてきました。

妙法寺は初めて行ったのですが、思ったよりかなり大きいお寺でした。。
第一駐車場にバイクを止めたけど、何故か第三駐車場の方に歩き裏門から入りました。
石灯籠が並んでいて、なかなか落ち着いている感じ。。。
20130512_01_40 mm

なんかお堂があるので、覗いてみると二十三夜堂でした。
二十三夜堂とは、二十三日の夜、月待をすれば願い事が叶うとされる二十三夜信仰によるお堂。
女性の方が多くお参りしていましたね。
20130512_02_.jpg

立派なお寺にしては地味に感じる本堂(三軌堂)。
渡り廊下があり、重厚な感じではありますけどね。
20130512_03_.jpg

2013.05.14    カテゴリ: スポット観光地 

   久那の鯉のぼり

秩父の久那の鯉のぼりを数年ぶりに見にやってきました。

見に来た場所はメイン会場ではなく、谷間にかかる鯉のぼり。
でも、風がないので元気がない・・・・
20130505_29_24 mm

だらーんとたれさがっている鯉のぼりはメザシみたいですねぇ。。。
しかも、鯉のぼりが繋がっていない紐もあるようですね。
ボランティアでやっている鯉のぼりなんで補充できないのでしょうかね。
20130505_30_300 mm

なんか以前見たよりも鯉のぼりが少なくなっている気がしますが・・・
気のせいでしょうかね。
20130505_31_36 mm

以上で5月の連休ツーリングシリーズは終了。。。

住所:埼玉県秩父市久那

2013.05.14    カテゴリ: スポット観光地 

   南牧村の「日本のおへそ」

国道141号線「市場」という信号横に駐車場があり、その奥にあるのが「日本のへそ」。

「日本のへそ」はここ以外にもありますが、国が指定したのはこの場所ですね。
日本では、測量法の規定を実施するため、直角座標で位置を表示する場合の「平面直角座標系」と言うものを19の区域に分けて定めているそうですが、この原点は、「第Ⅷ系原点」と呼ばれ、長野県、新潟県、山梨県、静岡県の公共測量の基準点となっています。
この4県は、ほぼ日本の中央に位置していることから、この地を「日本のおへそ」と名づけたそうです。

観光地と言うより、本当に測量の為にある場所のようですね。
20130505_28_42 mm

座標の原点である事が書かれていますね。
でも、他の座標系の原点は何処なんでしょうね?
それで日本のへそが複数あるんでしょうかね。
20130505_27_82 mm

先の地震で東に25cmも座標が移動していたとはびっくりですね。
20130505_26_195 mm

住所:長野県南佐久郡南牧村海ノ口

2013.05.13    カテゴリ: スポット観光地 

   鉄道神社

清里を通り過ぎ、JR最高地点の踏切近くにある鉄道神社にやってきました。
一対の車輪が祀られていることから「夫婦円満」や「縁結び」にご利益があるとか、
標高1375Mにあり「ひとみなごうかく」と読めることから「合格祈願」にご利益のある神社らしい。
しかし、ご神体は「レール」です。
とってもご利益があるとは思えない風貌ですよねぇ・・・
20130505_23_42 mm

実際、私が写真を撮っているのに、誰も参拝してませんでしたが・・・
昔は、鉄道神社の隣の鉄道最高地点の標識ですら観光客に見向きもされていない。。。
20130505_24_42 mm

今は踏み切りを渡った、立派なモニュメントが主役。
しかし・・・子供がガンガン金を鳴らすんで、頭が痛くなりますねぇ。。。
人が途切れるまで、カメラを構えて待つ事、10分・・・一瞬でしたが撮れた。。。(ホ!
人が写らないようにしてますが、実際はうじゃうじゃやいるんです。。。
20130505_25_60 mm

住所:長野県南佐久郡南牧村野辺山

2013.05.13    カテゴリ: スポットお土産 

   伊東酒造株式会社

諏訪でみそ天丼でも食べようかと思っていたのですが、お腹がすかないのでパス。。。

お土産を買いに伊東酒造にやってきました。

ここで買うのは「横笛 日本酒ゼリー(1000円)」「横笛 酒粕せんべい(500円)」「大吟醸横笛(無濾過)(720ml3000円)」ですね。
20130505_22_24 mm

「大吟醸横笛(無濾過)」は蔵でのみ購入可能のお酒。
ちょっと甘いですが、すっきりいい飲み口です。
基本的に私はお酒を飲みません・・・・ですが、いい日本酒だけは少しだけ飲める。。。
実際このお酒を飲んだんで、3年ぶり位のお酒かな。。。
飲めない場合は小僧にあげちゃいます。。。。。

日本酒ゼリーは酒粕の入ったゼリーですが、非常に上品なお菓子で美味です。
ただ子供に食べさせるお菓子ではないですが・・・・

酒粕せんべいは食べた感じは粗目のせんべいですかね。。。
まぁ、何も言われず食べれば普通の美味しいせんべいですね。
ここのお土産は正解だった気がします。
20130505_21_24 mm

住所:長野県諏訪市諏訪2丁目3

2013.05.12    カテゴリ: スポット観光地 

   シュールなうさぎ(神長官守矢史料館)

鎌倉時代より守矢家で伝えてきた守矢文書を保管・公開する史料館にやってきました。

特徴ある外観は建築家藤森照信氏の設計(初めての設計作品)。
入館料を100円支払って入館します。
一応写真撮影は手前の部屋のみOKとの許可を頂いています。

ここの資料館は、鎌倉時代より守矢家で伝えてきた守矢文書を保管・公開する史料館なんですが、それよりも諏訪神社上社の御柱祭と並んで重要な祭礼である「御頭祭」の復元展示を見に来たんですよね。
20130505_16_27 mm

なかなかシュールなうがぎさん。。。
お尻から頭まで貫通しています。。。
祭礼で使う供え物の復元展示ですが、剥製でも、あんまり気持ちいいものではないですね。
20130505_17_27 mm

壁に一面の首・首。。。
これも祭礼で使ったのでしょうか。。。
20130505_18_27 mm

資料館の裏には建築家藤森照信氏による「空飛ぶ泥舟」があります。
以前来た時より、余計な木が無くなってるので見やすくなっていますね。
20130505_19_49 mm

そして、タイム誌で「世界で最も危険な建物トップ10」の1つ「高過庵」。
ピザの斜塔と肩を並べる危険な建物と言う事なんですよね。
ここも木が伐採されてるし、道も出来ているのでとっても見やすくなっています。
20130505_20_57 mm

これ以外にも、広い敷地を見て回ることができますね。
天気がいいので、変な観光地を回るよりもいいかもしれません。

住所:長野県茅野市宮川389-1

2013.05.12    カテゴリ: スポット観光地 

    分杭峠

ゼロ磁場で有名な分杭峠です。
通り道にあったので・・・・

何で有名になったかと言うと。。。
平成7年に、元極学という中国政府が公認する気の研究団体の創始者で、著名な気功師の張志祥氏を日本の研究団体が招いて調査したとき、張氏が発見したのが、この「分杭峠」です。
張氏は、中国で奇跡を起こす場所として有名な湖北省の「蓮花山」を発見していますが、氏は調査で訪れたこの分杭峠が、蓮花山にまさるとも劣らない良好な「気」が出ている場所だと明言したのです。
と言うのが始まりらしいですね。

今回は谷の下にあるゼロ磁場には行かなかったですが・・・
下は湿度が高いでいやなんですよね。。。
20130505_13_117 mm

分杭峠から諏訪方面の景色はなかなかですよね。
20130505_14_49 mm

結構前ですが、ここにきた時はこの先までバイクで走ったのに・・・・
厳重に立ち入り禁止になってますねぇ。。。
20130505_15_42 mm

このまま諏訪方面へ走ると磁気ゼロの水を作っている工場と売店があります。。。。
しかし高い・・・・
2Lで700円ですから・・・・

この場所


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog