全2ページ
このページのリスト
2012.12.31   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  赤堤の由来
2012.12.31   カテゴリ:《 アニメ モデル地 》
  うさぎどろっぷ巡礼 その5
2012.12.30   カテゴリ:《 トリッカー 》
  年末整備
2012.12.29   カテゴリ:《 有名人 》
  力道山の墓
2012.12.28   カテゴリ:《 有名人 》
  るろうに剣心のモデル
2012.12.27   カテゴリ:《 映画・TV ロケ地 》
  等々力ベース
2012.12.27   カテゴリ:《 映画・TV ロケ地 》
  【私が恋愛できない理由】ロケ地 家
2012.12.26   カテゴリ:《 有名人 》
  吉高由里子さんの実家
2012.12.26   カテゴリ:《 史跡・遺構 》
  玉電 用賀駅跡
2012.12.25   カテゴリ:《 史跡・遺構 》
  世田谷一家事件の舞台
2012.12.24   カテゴリ:《 史跡・遺構 》
  祖師谷の由来
2012.12.24   カテゴリ:《 有名人 》
  木梨サイクル
2012.12.24   カテゴリ:《 ツーリング 》
  都内ぶらぶら
2012.12.23   カテゴリ:《 映画・TV ロケ地 》
  【桜からの手紙】 大島クリニック
2012.12.22   カテゴリ:《 アニメ モデル地 》
  うさぎドロップ巡礼 その4
2012.12.21   カテゴリ:《 アニメ モデル地 》
  うさぎドロップ巡礼 その3
2012.12.20   カテゴリ:《 アニメ モデル地 》
  うさぎドロップ巡礼 その2
2012.12.19   カテゴリ:《 アニメ モデル地 》
  うさぎドロップ巡礼 その1
2012.12.18   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  水子の洞窟
2012.12.17   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  役の行者の岩窟
2012.12.16   カテゴリ:《 ツーリング 》
  うさぎドロップ巡礼
2012.12.16   カテゴリ:《 史跡・遺構 》
  木の根道切通し
2012.12.15   カテゴリ:《 PV ロケ地 》
  AKB48 【会いたかった】PVロケ地
2012.12.14   カテゴリ:《 日々の事 》
  ナビが・・・・
2012.12.14   カテゴリ:《 観光地 》
  逢瀬を楽しむための島
2012.12.13   カテゴリ:《 B級スポット 》
  タイヤじゃないよ
2012.12.12   カテゴリ:《 寺社・教会 》
  岩谷堂(再訪)
2012.12.11   カテゴリ:《 史跡・遺構 》
  地図から消えた山
2012.12.10   カテゴリ:《 史跡・遺構 》
  観音隧道
2012.12.09   カテゴリ:《 B級スポット 》
  切られ踏切道
► 次のページへ

2012.12.31    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   赤堤の由来

今年最後のスポットです。

諸説いろいろありますが、今回は六所神社説の場所です。

六所神社の鎮座する場所に世田谷吉良氏の砦があったと伝えられています。
(世田谷4丁目の勝国寺を砦山と呼び、そちらが赤堤城址とする説もあります)

周辺は全くの平地に見えますが、北に向かって次第に高くなってゆく地形で、かっては南方の見通しも利いたと思われ砦を構えたこともうなずけます。
また、神社の麓には西から南に目黒川が流れ城の要害になっていたようです。
世田谷城の北方の守りとして支城が築かれていたものでしょう。
世田谷吉良氏の支城は赤堤のほかに、三宿、奥沢、があったようです。
城址に遺構らしきものは確認できません。
赤堤という珍しい地名は、この砦が、赤土が出る砦(堤)、赤土手の堤として赤堤の地名の由来となったと言われています。
20121231_5.jpg

住所:東京都世田谷区赤堤2丁目25
この場所
スポンサーサイト

2012.12.31    カテゴリ: ロケ地アニメ モデル地 

   うさぎどろっぷ巡礼 その5

アニメうさぎドロップの巡礼です。

今回は第8話でおじいちゃんの墓参りの時、正子達を呼び止めるシーンでのモデル地です。

場所は田園調布の端っこ。。。。
なんちゃって田園調布のあたりですね。

まずは、歩いてる正子達を電信柱から覗くシーン。
20121231_1.jpg

覗いている場所からの正子達。
20121231_2.jpg

歩いてる正子達を電信柱から覗くシーンの別角度。
20121231_3.jpg

正子達と話してりんの元へ戻るシーン。
良く見ると交差点の標識も一緒ですね。
20121231_4.jpg

ポイントとなる建物はそのままつかわれているようですね。

住所:東京都大田区田園調布5丁目31
この場所

2012.12.30    カテゴリ:  トリッカー 

   年末整備

今日は雨でしたね。

車庫でトリッカーの整備と掃除。

バッテリーも中国製の極安を入手したので、交換です。
ついでに中国製の極安バッテリーより安いHIDも買ってしまいましたので、装着しました。

HIDはリレーレスなので配線は簡単でしたけど・・・・
トリッカーには納める場所が少ないのでちょっと苦労しましたね。
問題のあったナビの配線も手直しして、様子見です。
20121230_1.jpg

HIDは安いんで半年位もてばいいかな・・・

2012.12.29    カテゴリ: スポット有名人 

   力道山の墓

日本プロレス界に一時代を築いたレスラー。
朝鮮出身で本籍は長崎県。
本名は百田光浩。(朝鮮名:金 信洛(キム・シルラク))
1939年二所ノ関部屋に入門,翌40年力道山の醜名(しこな)で初土俵,得意の張手で46年入幕,49年に関脇に昇進したが,50年8月夏場所後に引退,プロレスリングへ転向した。
52年に渡米して修業後アメリカ国内を転戦,300戦して5敗の好成績をおさめた。
53年に日本プロレス協会設立,54年2月招待した世界タグチャンピオンのシャープ兄弟との試合は,草創期のテレビで放映され人気を博した。
最盛期は渋谷にリキパレスと言う日本初のプロレス興行常設会場も作った。
リキパレスの跡地は現在の渋谷ヒューマックスビルである。
20121224_14.jpg

池上本門寺の墓地に墓はあり、道案内がありますが、中途半端。。。。
本門司境内から五重塔を正面に見て、左の墓地の道を道なりに進むとあります。
20121224_15.jpg

小さい時、力道山のプロレスを良くTVで見ていました。

住所:東京都大田区池上1丁目1
この場所

2012.12.28    カテゴリ: スポット有名人 

   るろうに剣心のモデル

るろうに剣心のモデルは河上 彦斎(カワカミゲンザイ)と言われています。
彦斎は尊皇攘夷派の肥後熊本藩士。
幕末4大人斬りの一人で、勝海舟いわく「怖くて怖くてならなかった」と言ったと残っている。
通称、高田源兵衛で元は藩の僧侶。
桜田門外の変では襲撃側浪士の怪我人を江戸藩邸で手当した。
剣は我流で、得意技が身長の低さを利用した低姿勢からの片手抜刀、逆袈裟斬り。
「人斬り彦斎」の異名を持つが、犠牲になった多くの佐幕派武士の名前が不明であり、確実に暗殺が分かっているのは佐久間象山のみ。
20121224_11.jpg

池上本門寺の五重塔の側に「熊本県人合葬碑」があり、右手前に建つ「河上彦斎先生碑」の背後に彦斎の墓。
面には戒名「應観法性信士」、側面に「通称高田源兵衛」とある。
20121224_12.jpg

色白で身長は約150cmと小柄ゆえ女性にも見えたと伝わる。
20121224_13_4.jpg

住所:東京都大田区池上1丁目1
この場所

2012.12.27    カテゴリ: ロケ地映画・TV ロケ地 

   等々力ベース

ビートたけしさんが所ジョージさんの世田谷ベースを真似して建てた「等々力ベース」の場所です。
googlemapにも「等々力ベース」の名前がでています。
20121224_10.jpg

住所:東京都世田谷区等々力1丁目12
この場所

2012.12.27    カテゴリ: ロケ地映画・TV ロケ地 

   【私が恋愛できない理由】ロケ地 家

2011年10月17日から12月19日まで、フジテレビ系列の月曜9時に放送された、日本のテレビドラマ。
大島優子・香里奈・ 吉高由里子が出演し、主演は香里奈。

この3人が真子(大島優子)の伯母が住んでいた一軒家を借りて、「男を泊めたら終わり」「女子会貯金に手を出したら終わり」「恋人ができたら終わり」という3か条のもとルームシェアを始める家の外観がこの家。
ただ残念な事に現在はロケで使われた家は既に解体されてマンションになっています。
しかしながらGooglemapではまだロケの家が見れます。(2012/12/24現在)
20121224_8.jpg

住所:東京都目黒区自由が丘2丁目20
この場所

2012.12.26    カテゴリ: スポット有名人 

   吉高由里子さんの実家

ぶらぶら途中に寄ったコンビニ。

女優吉高由里子さんのご実家が経営しているコンビニです。
ご両親はお店にはでていませんが・・・・・
20121224_7.jpg

住所:東京都世田谷区深沢5丁目5
この場所

2012.12.26    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   玉電 用賀駅跡

玉電用賀駅は、明治40年4月に玉川電気鉄道の三軒茶屋~玉川間が開通した時に出来た駅です。

折り返しもあり、駅前の用賀梅林もありにぎわった駅だったらしいですね。

その後、自動車輸送が発達し衰退、「バス路線の新設」「新玉川線建設」を条件に昭和44年に廃止されました。

2010年にひっそりと用賀駅跡の碑が作られたようですね。

20121224_5.jpg

住所:東京都世田谷区用賀4丁目3
この場所

2012.12.25    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   世田谷一家事件の舞台

2000年12月31日未明に発生した「世田谷一家殺人事件」の現場です。

当時もポツンとある住宅だなぁと思っていましたが、今もそうですね。

この事件は今も重要な手がかりすら掴めぬまま迷宮入りしてしまっています。
被害者宅は用地買収で立ち退き予定が迫っていた公園内の一角に今もひっそりと建っています。
公園の端に行くと被害者宅の裏手が見える。そのまま残っているというのが非常に生々しい。
未解決事件のままなので、取り壊すにも取り壊せないらしいです。
本来なら2001年3月に被害者宅も立ち退きを終えて、この家も無くなって公園になっていたはず。
警察官が常駐する小屋が被害者宅の玄関先に置かれていた。
今でも24時間体制で警察によって現場は管理されているそうです。
20121224_3.jpg

被害者宅の道へは今でも侵入規制されていますね。
20121224_4.jpg

この場所

2012.12.24    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   祖師谷の由来

今回のスポットは祖師谷です。

祖師谷って、1888年(明治21)に公布された「町村制」の時は神奈川県北多摩郡だったんですねぇ。
後に東京府編入されてますけど・・・

世田谷区に編入されたのも、世田谷区が出来て4年後の1936年(昭和11)だったんですね。
どちらかと言うと田舎扱いされていた場所のようですね。

ところで、祖師谷の由来ですが、2つの由来があります。
一つには村の谷の近くに地福寺というお寺があってその境内に祖師堂があったためという説があります。
二つ目は、鎌倉時代初期にこの地に住んでいた豪族の粕谷氏が、弘安年間に法華宗の開祖日蓮上人の布教によってその教えに帰依する人々が多い中で、法華宗を深く崇敬し、領内に一堂守を建立(祖師山院就沢寺(後焼失)と命名)し、日蓮上人他界後に祖師像を彫刻し、安置したことによるとされています。

今回は1つ目の由来の場所。
この道は地福寺坂といい、この辺に地福寺があったとされてい婁場所です。

20121224_2.jpg
地福寺の正確な場所は私の調べる限りわかりませんでした。

住所:東京都世田谷区祖師谷6丁目4
この場所

2012.12.24    カテゴリ: スポット有名人 

   木梨サイクル

最初のスポットへの移動中に丁度あったので・・・・

とんねるずの木梨憲武さんのご実家がやっている木梨サイクルです。
2Fは木梨サイクルグッズも扱っているなごみ堂。
なごみ堂も木梨憲武さんご親戚の方がやっているそうです。
20121224_1.jpg

朝も早いんで、当然の如くまだ営業はしてませんが・・・

しかし、昔は木造だったのにねぇ・・・
綺麗になってしまっったねぇ。

住所:東京都世田谷区祖師谷1丁目37
この場所

2012.12.24    カテゴリ:  ツーリング 

   都内ぶらぶら

今週はツーリングと言うよりお散歩です。
環八沿いをブラブラと走ってきました。

回ったスポットは世田谷一家事件の現場とか・・・
るろうに剣心のモデルのお墓とか・・・
女優吉高由里子さんの実家のお店とか・・・
TVドラマ「私が恋愛できない理由」の3人が住んでいた家とか・・・・

ジャンルなんか関係なく、興味を引いた場所を回りました。

しかし・・・今回もトリッカーのバッテリーが上がって途中終了。。。

何回もバッテリー上がりするので、押しがけもなれてきた・・・
ちょんちょんと押して乗るとエンジンが掛かるようになってきました。

こんな事に馴れてもしょうがないんですが・・・
まあ、、Dトラと比べると押しがけでも簡単に始動するのありがたいですが・・・

ただ・・・押しがけのあとは息がきれる。。。

じじいになるとつらいですねぇ・・・
無理は出来ない。。。

バッテリーの予備を買おう、チャイナの安いやつでいいや!

2012.12.23    カテゴリ: ロケ地映画・TV ロケ地 

   【桜からの手紙】 大島クリニック

ご近所のロケ地です。
朝起きてからチョロッと行ってきました。
ツーリングに行こうかと思ったのですが、雲が厚いし・・・
まごっちのクリスマスプレゼントで金欠・・・・だし・・・
近所にしました・・・
結構な数のロケ地あるんですよ。。。

実際このロケもやっていたのは知ってたし、ただ「やってるな~」位で誰が出てるのか知らなかった。。

2011年2月に日本テレビで放送したAKB48主演ドラマ「桜からの手紙」の5話「優子の決断」での、大島クリニックのロケ地です。

画面を見た瞬間に場所がわかってしまったが・・・
このロケ地を紹介しているサイトでは、マンションとか書いていますが、実際は個人の自宅ですね。
車庫にはスポーツタイプのベンツが置いてありますね。
20121223_1.jpg

線路側を歩く大島優子さんですね。
線路側は遊歩道になってますね。
路線は都内では数少ないチンチン電車の世田谷線。
20121223_2.jpg

住所:東京都世田谷区赤堤4丁目11
この場所

2012.12.22    カテゴリ: ロケ地アニメ モデル地 

   うさぎドロップ巡礼 その4

12月16日のアニメ「うさぎドロップ」のロケ地巡礼の最後です。

3人が盆踊りの案内を見たシーンで使われた場所ですね。
神社は東伏見稲荷神社。
鳥居周辺はそのままつかわれているようですね。
回りの景色はまったくちがいましたけど・・・
20121216_12.jpg

コウキがセミの抜け殻を取りに入るシーンですね。
東伏見稲荷神社の参道に同じ灯篭と木がありますね。
20121216_13.jpg

このアニメは実際の風景をそのまま使っている場面が多いですね。
ジブリは絶対そんなことは無いのですけどね。
でもこのアニメには作画ではジブリも参加してましたね。

東京都西東京市東伏見1丁目5
この場所

2012.12.21    カテゴリ: ロケ地アニメ モデル地 

   うさぎドロップ巡礼 その3

12月16日に回ったアニメ「うさぎドロップ」のモデル地。

小学校に行く時通る路地の階段のシーンです。
後ろにあるアパートもそっくり・・・
でも、エアコンの室外機は無い・・・
引っ越してしまったらしく、若干変わっていますね。


向かいのマンションの外階段から撮れば同じアングルでもとれたかもしれませんね。
アニメでは結構綺麗な路地と思いましたけど・・・・
20121216_8.jpg

この風景もアニメで出て来たかもしれない感じがする・・・・
20121216_9.jpg

路地で室外機の上の植木鉢を壊してダッシュして逃げるシーンで出てきた場所ですね。
ここもそっくり。
画面にある「黄河」と言うお店とクモンの事務所がこの場所を特定するきっかけとなったんですよね。
その近辺をストリートビューで見て回るとあるわ・あるわ・・・


路地から通学路に出たシーン。
クモンもクモン前の自動販売機も同じですね。


住所:東京都西東京市田無町2丁目14
この場所

2012.12.20    カテゴリ: ロケ地アニメ モデル地 

   うさぎドロップ巡礼 その2

12月16日に行ったアニメ「ウサギドロップ」の巡礼です。

今回は田無駅近くにあった、小学校へ通学中とおる路地の入り口です。
電信柱と「ふれあいこみち」と言う看板等はないですが、ほぼそのままですね。
この路地は「ふれあいこみち」と書いてありますが、小道と言うような整備された道ではなく、本当の路地ですねぇ。


路地の中から路地を見たシーンですね。
びっくりする位、実際の景色を使っていますね。


多分こんなシーンもあったと思うんですが・・・・
前方に見える階段が劇中でも使われた階段ですね。
20121216_6.jpg

住所:東京都西東京市田無町2丁目14
この場所

2012.12.19    カテゴリ: ロケ地アニメ モデル地 

   うさぎドロップ巡礼 その1

12月16日のツーリングです。

今回はアニメ「うさぎドロップ」の巡礼です。

まずは9話で、大荒れの天気の中、学童からの帰り道に通る道ですね。
細かい部分はディフォルメされていますが、そっくりですよね。



同じく学童の帰り道の坂の途中にある車庫のシーンですね。
車庫のイメージもそのままですね。

住所:東京都国分寺市南町3丁目1
この場所

りんの母親・正子と会うファミレスのシーン。
実際はジョナサンなんですが・・・・
既に店は無かったんです・・・・
見るのが遅かった・・・

住所:東京都国分寺市東恋ケ窪2丁目36

2012.12.18    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   水子の洞窟

ネットを回ってたら見つけた場所。
そこに出ていた1枚の写真の場所を知っていたので、特定できた場所です。

正体が判ってネットで検索しても出てこないので興味がわいた。
しかし・・・怖そう。。。

で着いたら・・・工事中で立ち入り禁止。
管理人の人がいたので、話したら少し見せてもらえました。
20121208_25.jpg

お堂の中を見ると目的の洞窟の入り口が見えます。
20121208_24.jpg

洞窟に入ると不気味な人形が早速お出迎え。
ちなみに中には電気はありません。
用意したヘッドランプで照らします。
20121208_26.jpg

洞窟は奥まで続いていますが、特に整備をしている感じはありませんね。
掘りっぱなしと言う感じですね。
人形の破片もあるような感じがしますね。
20121208_27.jpg

人形を見るといろいろなポーズの人形があるようですね。
本当に不気味。
20121208_28.jpg

管理人さんの好意で少しだけ見ることができました。
ただ、場所の公開については、工事中なので同意をえられませんでしたので、今回は伏せることにしました。

2012.12.17    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   役の行者の岩窟

役の行者の岩窟があるのは養老寺。

幼稚園も墓地もお寺も自宅も狭い敷地ある小さなお寺です。
お寺に入り、階段を登ると役の行者の岩窟がありす。
役の行者の岩窟の前には見晴らし台もあり、まぁ・・いい景色が望めます。

しかし・・・役の行者の岩窟の回りは古いお墓だらけです。
墓標も倒れてるし、お墓の上に階段を作った感じがして、居心地わるかったですね。
20121208_22.jpg

この役の行者の岩窟はウンチクですね。
20121208_23.jpg

住所:千葉県館山市洲崎
この場所

2012.12.16    カテゴリ:  ツーリング 

   うさぎドロップ巡礼

今週はアニメの巡礼です。
巡礼するアニメの題名は「うさぎドロップ」。
宇仁田ゆみの漫画で癒し系日常もののアニメ化。

映画も見たんですが、いい映画と思った程度。
ロケ地は茨城が多い等一応調べては居ますが・・・行く程ではなかった・・・

アニメもどうかなぁと思いつつ見た作品なんですけどね。
そしたら思った以上に良かった。
20121216_AA.jpg

あらすじ
祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身の河地大吉は一人の少女と出会う。
その少女、6歳の鹿賀りんは祖父の隠し子であった。
望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てる。
こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる。

と言う感じのほのぼの癒し系のアニメ。

まじめな善良な人々の物語ですね。

DVDを借りてきて、すでに数十回見てしまいました。
楽にホッとする内容が好きな作品。
いわゆる暗転した時、ホッとする作品でした。
(暗転とは物語が終わりエンドグレジットが流れる時の事を指しています。)


今回の巡礼地の実際は殆どが名古屋なんで、すぐには行けないんですよね。
なので、アニメ中幾つか出てくる東京近辺のスポットを回りました。

今回は田無を中心のスポットです。
先週のスポット紹介が終わったら開始するつもり。。。。

2012.12.16    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   木の根道切通し

木の根道切通しは房総半島をめぐる中心的な往還の一部で、千葉方面から内房を通って館山へいたる道でした。
岩井の市部から八束の丹生(にう)へ出る木の根峠を経て那古へ至り、館山や府中へ向かう。
船形藩陣屋や名主古屋敷がこの道に面しているのも、重要な街道沿いという立地条件からで、かつて大街道と呼ばれていましたが、今は・・・・

20121208_16.jpg

住所:千葉県館山市船形
この場所
MAPへ(スポット)

2012.12.15    カテゴリ: ロケ地PV ロケ地 

   AKB48 【会いたかった】PVロケ地

AKB48の「会いたかった」PVロケ地

オープニングで大島優子がポッキーを食べるシーンは州崎灯台ですね。
大島優子が立っていた辺りから撮ってますが、壁には乃木坂46の落書きが多いですねぇ。。。
乃木坂のPVでは・・・ポッキーが太い。。。

この場所

階段を駆け下りるシーンは同じく州崎灯台へ登る階段でした。
20121208_21.jpg

次はオープニングの下校で海岸を歩くシーンです。
館山の新井海岸でとっていますね。
向かいの水産高校から撮っているようです。
乃木坂は北条桟橋の隣の堤防が使われていますね。
そのまま歩くと海に落ちてしまいます・・・・

この場所

大島優子が踏み切りの前を疾走するシーン。
那古船形の北側にある船形踏切ですね。
乃木坂では踏み切りの反対側から撮影されていますね。

この場所

大島優子が駅に駆け込むシーン。
まぁPVでも読めますが、那古船形駅ですね。

この場所

AKB48初期のPVなんでお金をかけてないのがよくわかりますね。
ちなみにPVに出ていたお店は既に潰れていますね・・・・

ちなみに乃木坂46PV最後のシーンは北条桟橋ですね。
AKB48より乃木坂の方がカット割りが多いですねぇ・・・・
乃木坂のPVの方がおかねかかってますねぇ。

2012.12.14    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   ナビが・・・・

SONYがナビから撤退・・・

買う前に言ってほしいなぁ・・・・無理かぁ・・・

MAPをどうしよう。。。。

まぁ。。。どうにかなると思うけど、方向性だけ考えよう。。。

その為もあってHPのレイアウトを変更だけしておくことにしました。

新レイアウトは今まで以上に1027×768の画面では見ずらいとおもいますが・・・

1280以上で見ていただくと見やすいと思います。

2012.12.14    カテゴリ: スポット観光地 

   逢瀬を楽しむための島

12月8日は1日中風が強くて散々な日でしたね。
そんな時に限って、海沿いのスポットに行くなんて・・・・
海水をいっぱいかぶちゃいました。


行ったのは逢島(おおしま)。

豊岡海岸にある逢島は、その昔、恋人たちが堂々とデートができない時代に「逢瀬を楽しむための島でした。
大正時代には映画『島の女』もここで撮影された場所でもありますが、関東大震災の隆起によって今は陸続きになって昔よりも簡単にいけるようになってます。
20121208_13.jpg

海側にあるベンチは幸せのパワースポットでもあるらしいですね。
しかし・・・波が強くて行けません・・・・
20121208_14.jpg

住所:千葉県南房総市富浦町豊岡
この場所

2012.12.13    カテゴリ: スポットB級スポット 

   タイヤじゃないよ

朝食を食べた金谷のガストの前で見つけました。
「タイヤじゃないよ」と書いてあります。
石だからタイヤじゃないのは誰でもわかります。

でもなんでこんな物があるんでしょうね。
20121208_12.jpg

それは町興しの一環で製作された彫刻群の一つでした。
2008年に製作された物で「房州石を使って町の歴史や学生たちの思いを伝える石のオブジェを24体作り町の中を回遊できるようにしよう」と言うコンセプトのもと「さぁ行こうプロジェクト」と言う地元発案企画だったらしい。
20121208_11.jpg

しかし・・・町興しになってるのか疑問を感じますが・・・

住所:千葉県富津市金谷
この場所

2012.12.12    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   岩谷堂(再訪)

既に紹介済みの岩屋堂の前を通ると綺麗になってました。

調べると1年前程に近隣の住民の方々で整備したようです。
以前は道からお堂は見えなかったのに、見えるようになっています。
20121208_09.jpg


同じく見えなかった階段も見えるようになってます。
でも・・・かなり古い階段なんで登るは怖いですねぇ。。。
看板も判りやすい。。。
20121208_10.jpg

ここはきわめて珍しい史跡です。
ウンチクを読まれると行ってみたくなるかも・・・

住所:千葉県富津市数馬
この場所

過去の記事より転記。
20130116_1.jpg
20130116_2.jpg
磨崖仏や岩をくりぬいたやぐらのあるお堂。
やぐら群は、崖の壁面に掘られた古墳時代とされる横穴墓内に、後世の人が大量の仏像などを彫りつけた珍しい史跡だ。
岩谷堂やぐら群は14の穴からなる。
そのうち一つの穴には観音堂があり、堂内の本尊が祭られる場所には石棒4本が安置される。
ほかにも「コ」の字形に観音堂を背後から囲む穴などがある。
それぞれの穴の壁面には、阿弥陀(あみだ)如来座像、千手観音など数種類の観音像、勢至(せいし)菩薩像など数十体が彫り込まれ、五輪の塔や仁王像も確認できる。
像の下部に彫られた制作年などから、中世から江戸期の作とみられる。
奈良時代の僧、行基が「一夜で建てた」と書かれた碑もあるが、文献がほとんどなく、観音堂の起源などについて正確なことは不明だ。
古代の祈とう師が使ったかもしれない石棒から、江戸時代の仏像まで、時代を超えたものが併置される不思議な光景だ。

20121208追記
2011年11月に数馬地区の住民たちが市の文化財「岩谷堂やぐら群」の改修作業を行った。

2012.12.11    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   地図から消えた山

かってこの場所は房総の富士山といわれた浅間山があった場所。
過去形ですから・・・今は無いと言う事になります。

どうして無いのと言うと、首都圏で使われるコンクリートの材料や東京湾埋立のために、1960年代から大量の山砂が採取されていました。
その採取された土砂で東京デイズニーランドなどができたわけです。。。

当初、宅地開発だったのに・・・・
いつの間にか山砂採取事業になり、浅間山は昭和55年に山は消え、地図からも消えてしまいました。
採取した土砂は2億立方メートルとも言われています。

終わったのに、宅地開発もされずに、ただ広い場所で放置されたままになっています。
20121208_07.jpg

隣の山は鹿野山。。。
当時ほったらかしにしていたら、今頃鹿野山も地図から無くなっていたかもしれませんね。
国定公園なのに・・・計画だけはあったようですから。
20121208_08.jpg

この場所の奥にある「鬼泪山」も平成20年に山砂採取を業者が千葉県議会に申請して可決されたそうです。
鬼泪山の将来は浅間山と同じかもしれません。

住所:千葉県富津市鶴岡
この場所

2012.12.10    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   観音隧道

東京観音参道の途中にある観音隧道。
心霊スポットとしても騒がれた事がある場所ですね。
参道で注意して走れば簡単に見つけられる場所ですね。
20121208_05.jpg

トンネルの中を見ると・・・荒れてますね。
怖いので入りませんが、仏像っぽく見えるものもありますねぇ。
20121208_06.jpg

怖がりなのに・・・なんでこんな所に来るかなぁ・・・俺。。。

住所:千葉県富津市小久保
この場所

2012.12.09    カテゴリ: スポットB級スポット 

   切られ踏切道

内房線の踏み切りにこんな表示がありました。
20121208_02.jpg

でも、変な名前です・・・
なんでこんな名前になったのか知りたい・・・・
けど、判らないですねぇ。
20121208_03.jpg

踏み切りの回りは普通の住宅で、特に変わった感じはかんじられませんねぇ。。。
20121208_04.jpg

住所:千葉県富津市青木
この場所


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog