2012.11.30    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   旧秩父駅舎

上武鉄道(後の秩父鉄道)が秩父まで延伸された際に大正3年に竣工された秩父駅舎。

木造平屋建・瓦葺・塔屋付のこじんまりした建物。
中央に吹抜のあるコンコースをとり、その左右に事務室と待合室を配した平面をもつ。
正面に玄関ポーチを付し、大屋根中央に吹抜部明取りの塔屋をあげ印象的な外観を造る。
昭和59年秩父地域地場産業振興センター建設に伴い秩父聖地公園に移築されました。
t20121125_15.jpg

現在は無料休息所として使用されている。
しかし・・・・行った日は休館日で、中はみれず・・・・
t20121125_16.jpg

しかし・・・この場所墓地の真ん中です。
回りには墓・墓・墓・・・・

この場所
スポンサーサイト

2012.11.29    カテゴリ: スポットB級スポット 

   木霊の返る二子山トンネル

秩父に2つある木霊の返るトンネルの1つ二子山トンネル。

トンネルの中に退避所があり、その構造によって入り口で手を叩くとしっかり帰ってきました。
歌は・・・・
ちょっと恥ずかしいけど、やってみるとちょっとゆっくりめの輪唱ができますね。
t20121125_13.jpg

トンネルの前はかなりのいい景色。
景色を見に来るだけでもいいかも。。。
t20121125_14.jpg

この道の忘れ去られた道みたい。。。
20分ぐらい居たのに、何も通らず。。。

この場所

2012.11.28    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   【巨大七福神】福禄寿と布袋尊

巨大福禄寿と布袋尊がある蓮光寺。

こざっぱりとした敷地の広いお寺ですね。
その中でも金色に輝くc寿と布袋尊。。
キンキラである意味不釣合い。。。。。
ここの福禄寿と布袋尊は関東では最大の大きさといわれています。
t20121125_10.jpg

福禄寿です。
福禄寿は七福神の弁天さまを見ている構図が多いですね。
そんなんでちょっとエッチなじいさま?って感じですが・・・
福禄寿は、古代中国の道教の神様で南極星の化身と言われています。
道教には「三徳」と呼ばれる徳がありまして、福(子孫繁栄)、禄(財産)、寿(健康長寿)とあり、これを福禄寿といいます。(正確には少し違うかも・・・)
t20121125_11.jpg

布袋尊です。
この布袋尊と書いてる下にも布袋尊がいます・・・・
布袋尊は実際に居た人物。
時代も比較的最近で、後梁時代です。
浙江省で生まれ、名を契此(かいし)といい、定応大師、長汀子(ちょうていし)といった呼び名もありましたが、当時の人々には布袋和尚と呼ばれて親しまれていた禅僧でした。
916年に亡くなったと伝えられていますが、小柄で太鼓腹、予知能力があって彼の占いは必ず当たったことから、弥勒菩薩の化身として伝説の人になったようです。
やはりこの像のように柔和なお顔だったのでしょうかね。
ご利益は、夢を育て、人格を磨き、円満な家庭を築いて、金運を招福すると言われています。
t20121125_12.jpg

なんか、ホッとする場所でした。

住所:埼玉県大里郡寄居町用土798-1
この場所

2012.11.27    カテゴリ: スポットB級スポット 

   号泣する堰堤

勢いが良過ぎるションベン小僧と号泣する堰堤を見に来ました。

しかし・・・水量が少ないようで号泣せず、しくしく泣いていますねぇ。。。
t20121125_7.jpg

勢いが良過ぎるションベン小僧も同じく普通のションベン小僧になってますね。
t20121125_8.jpg

号泣する堰堤は砂防ダムだからあってもおかしくないけど。
でも、なんでこんな所にションベン小僧があるのか疑問ですねぇ。
t20121125_9.jpg

号泣する堰堤は調べると意外とあるようですねぇ。
でも、簡単に見れるのはここが一番いいみたいですね。

この場所

2012.11.26    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   多和目天神橋

高麗川かかる多和目天神橋。

朝はやく着いたので、橋に霜が降りてました。
えらい寒いです。。。。
霜が降りて滑るので、橋には乗らずにみるだけにしました。
t20121125_4.jpg

見てたら、散歩に来た方が滑ってたり・・・・
なかなか面白かった。
時代劇にでてきそうな感じの木橋。
t20121125_5.jpg

占用期間に期限があるのは、期限が来たらこわすのでしょうかね。
t20121125_6.jpg

この場所

2012.11.25    カテゴリ:  ツーリング 

   秩父ツーリング

今週は秩父を走ってきました。


予定スポットは9個ですが、見つかったのは5つでした。
2つの内1つは見つけましたが、入り口がわからず。。。。
もう1つはそれ自体をみつけられず・・・
あと2つはタイムオーバーにて回れず。。。

紅葉は秩父では終わり近い感じを受けました。
これからは関東周辺の紅葉探しになりそうな感じですね。
t20121125_1.jpg

これは見つけられなかったスポットの写真。
大きい銀杏が綺麗な場所でした。
坂を下りると人が大勢居る場所なんですが、ここには私ともう一人しかおらず非常に静か。。。
坂を2~3分登るだけなんですが、こんなにちがうのですねねぇ。

ここでは1時間位探してました。。。
居る人にも聞いたのですが・・・知ってる人がいない・・・
次回まで見つけよう。。。。
t20121125_2.jpg

今回のツーリングは山の中を良く走りましたね。
日中でも9度までしか上がらなかった。。。
朝なんか多分、0度位だったのではないでしょうか・・・
t20121125_3.jpg

帰りに道の駅にはバイクが、いっぱいいたのに、日中は殆ど会いませんでした。
走っている場所が変だから、会わないのでしょうかね?

明日から秩父で回ったスポット紹介です。

しかし・・・新しいレンズの使い方が今一よくできてないなぁ・・・

2012.11.24    カテゴリ: スポット有名人 

   峯岸みなみの実家(AKB48)

AKB48の峰岸みなみの両親が経営している喫茶店ティールームタネ。

駅から近くて、流行っているようです。

行ったら満席で入れませんでした。。。。

お昼食べようと思ったけど、駄目でした。
2012111113.jpg

店名:喫茶店ティールームタネ
営業時間:9:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:1日を除く毎週火曜、その他不定休
この場所

2012.11.23    カテゴリ: スポットB級スポット 

   巨大なゴリラがいる公園

公園の名前は「ゴリラ公園」。

そんな公園の主ゴリラについて、
【ゴリラのプロフィール】
名前 ・・・「ビッグ・ジョー」
推定身長 ・・・4mオーバー
主な行動 1 ・・・無駄に時計を曲げて力持ちをアピール
主な行動 2 ・・・15分ごとに目玉を動かす

このゴリラの周りは自転車のオフロードコースですね。
ジャンプ台もある。

多分大人もいいんだと思いますが、当日はレンタル自転車に乗る子供達があそんでいました。
2012111112.jpg
<<MAP>>

当マップのデータを使ってNAVIで、この公園に行く場合、高架の下にある公園である為、高架の道を走行中にナビが到着と判断し終了してしまいます。
残念・・・・ (古い・・・)

住所:埼玉県川口市芝4341
この場所

2012.11.22    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   ウサギづくしの神社

埼玉県の浦和にある兎好きには有名な神社の調神社(つきじんじゃ)。

この調神社は「ツキ」を「月」に引っ掛けて「月」と来れば「兎」と言う発想で、兎を配置しているようです。

出迎えは狛犬ならぬ狛兎。
右の狛兎は子兎もはっきりわかりますね。
2012111108.jpg

左の狛兎は少しくずれていますねぇ。
それに顔が少し怖い・・・
2012111109.jpg

兎のお口から水でてます。。
実物を見ると意外と大きいのにびっくりしました。
2012111110.jpg

当日は七五三の宮参りでごった返していました。
ゆっくり見る事もできません。
邪魔ですよね・・・・俺が・・・

でも、社殿の飾りも兎、調神社を作る時から兎だったんだーと思うはずです。
灯篭にも兎。
旧本殿側面側面にも兎。。
境内には本物の兎もいした。
2012111111.jpg

スポット名:調神社
住所;埼玉県さいたま市浦和区岸町3丁目17
この場所

2012.11.21    カテゴリ: スポットお土産 

   招きウサギ饅頭

浦和でのお土産は招きウサギ饅頭(1個60円)。

調神社の兎にかこったお土産なんです。
販売は製造・直売の御菓子 松月堂。
通販はやってないようですから、買いに行くしかありませんね。

調神社の狛うさぎから命名した「招きうさぎ」は、山芋と米の粉を使ったしっとりとしたお饅頭で、ゆず・栗・梅・小豆の4種の味があります。
ウサギ型パッケージがかわいいですね。

饅頭もウサギ型で目も赤い。
私は小豆と栗と梅を食べましたが、梅が絶品ですね。
相方はゆずだと・・・・
ゆずは相方が独占。。。。

2012111106.jpg

お店の前に1台だけ駐車可能です。
無愛想な店主が迎えてくれると思いますよ・・・
2012111107.jpg


店名:松月堂
住所:埼玉県さいたま市浦和区本太2丁目8
TEL:0488825100
営業時間:8:00~19:00(水~月)
定休日:火曜日
この場所

2012.11.20    カテゴリ: スポット史跡・遺構 

   見沼通船堀

国最古の木造の閘門(こうもん)式運河です。
こう書くとなんだか判りませんよね。。。

つまりパナマ運河みたいなやつです。

ウンチクを書くと・・・

享保16年(1731)に開通した、わが国最古の木造の閘門(こうもん)式運河です。
見沼通船堀は見沼代用水西縁と東縁が最も距離が近づく、八丁堤の北側に造られました。
両用水の中央を流れる芝川と代用水は3mの水位の差があったので、それぞれ2箇所の関を設け、水位の調節を行い船を運航しました。
この、通船堀の開通により、水運の範囲が広がり、荒川、隅田川を通り、こ の周辺の村々と江戸が結ばれました。
江戸へは、見沼周辺で取れた農作物や、 薪、柿渋、味噌、醤油などを運び、江戸からは肥料や、油、日用品などが、 村々にもたらされました。
しかし、時代の流れの中で、輸送方法は、水上交 通から、陸上交通へと移り、関東大震災以降、通船堀を使うことはなかった と言われています。
芝川の船の運航は行われていましたが、昭和6年、通船許可の終了とともに、約200年続いた見沼通船は終わりを告げました。

こんな感じ。。。
2012111104.jpg

2012111105.jpg

近辺は散歩道としていい環境ですね。
多数、散歩している人がいました。

しかし・・・水門の保存状態が今一と言う感じです。

住所:埼玉県さいたま市緑区大間木
この場所

2012.11.19    カテゴリ: スポット有名人 

   浅草のハチ公の家

上野博士の死後、堀越呉服店に身を寄せたハチ公ですが、お客さんに飛びつくなどの粗相を行うので、浅草の高橋子之吉と言う人に引き取られたそうです。

この実際高橋子之吉さんは理容椅子のお店をやっていたとのことですが、情報がまったくありません。。。。

情報としては「三筋町に住んでいた。」「理容椅子を作っていた」位です。
と言う事で三筋町の古地図を調べたら・・・・
ハチ公が居た時期と数年ズレがありますが、当事の三筋町内図を見つけました。
この町内図によると、「高橋」と言う家は1件だけありました。
実際、この「高橋」さんが「高橋子之吉」の家かは資料がそれ以上無いのでわかりません。
多分、そうだろうと言う程度の情報という事をご理解ください。

この町内図は持ち出し・複写禁止で撮影も禁止と言われました。。。。(涙)

2012111103.jpg

住所:東京都台東区三筋1丁目2
この場所

2012.11.18    カテゴリ: スポット有名人 

   上野博士の死後のハチ公の家

今週の最初のスポットはハチ公関係です。

上野博士の死後、ハチ公は上野未亡人の親戚である日本橋伝馬町の堀越と言う呉服屋に引き取られたとある。

この堀越と言う呉服屋を調べると、お墓にまずたどり着いた。。。
堀越呉服店の店主三代のお墓でした。
当時はかなりの大店だったようですね。

おかげで場所はすぐにわかりました。

堀越呉服店の場所は現在の丸文株式会社のある場所でした。
丸文株式会社は堀越呉服店の流れ汲んでる会社のようです。

ところ引き取られたハチ公はお客さんに飛びつくなどの粗相を行う事が多かったらしいです。
このため、この場所にハチ公はおれず、浅草へと引き取られていったようです。


2012111101.jpg

2012111102.jpg

住所:東京都中央区日本橋大伝馬町8-1
この場所

2012.11.17    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   初めまして

初めまして
BLOGを引っ越してきました。

バイクで走り回り、写真を撮っています。
バイク写真とスポット紹介を書いていきたいと思っています。


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog