2016.01.12    カテゴリ: スポット 

   神隠バス停

島原の乱で、領主が改易となり、それにより何人もの家臣も浪人となっている。
その一人永井左門がこの地に来て百姓となっている。
この地は、丘陵の山林地帯であったので、訳ありで移って来た人がひそかに暮らすのに適した土地あった。
それにより移って来た人達は『神様が隠してくれている』と感謝し暮らしていた事から、「神隠」と言う地名がついたと言う。

最初は神隠しは多いからこうなったのかと、思ってましたが・・・・ちがうのね。。。
20160111_02_54 mm

レトロな雰囲気なバス停ですね。
20160111_01_58 mm
この場所
スポンサーサイト

2015.09.26    カテゴリ: スポット 

   鷹取山林道

住宅街の谷間にある鷹取山林道。
とても住宅街の中にある林道とは思えませんが、距離は2km程度と短い・・・・
でも、林道雰囲気を気軽に味わえる道ですね。
20150719_07_.jpg

この場所

2014.12.29    カテゴリ: スポット 

   月崎の江戸道

千葉の観光案内で江戸道と紹介されていいる、月崎から飯給に通じる林道を走ります。
全て明治頃に作られた手彫りのトンネルが3つありますね。
一応舗装されているので走るのは問題なしなのですが、いかんせん道が細い。
車がきたらバイクでもすれちがえませんね。

このトンネルは一番飯給側のトンネルで、唯一トンネル内に照明があります。
20141228_07_41 mm
この場所

2つ目のトンネル。
この辺が一番荒れていて枯葉だらけですね。
20141228_08_33 mm

竹やぶの中を走りますが、竹が道に倒れてきているので、際どい感じで通行します。
20141228_09_35 mm
この場所

月崎駅近くのトンネル。
この辺を通る方は良く見る将棋の駒の様な形のトンネルですね。
20141228_10_24 mm
この場所

2014.12.18    カテゴリ: スポット 

   日本初の有料道路?(三分坂)

急坂なので、荷車を押すのに人手が必要となり、 銀を「三分(100円程度)」で押してもらったので 「三分坂」という名前になったとい。
川渡りでは人に担いでもらうのは知っていましたが、坂を登るのに人手を雇うとは、ある意味日本初の有料道路ですね。
20141214_15_40 mm
この場所

2014.11.21    カテゴリ: スポット 

   修善寺林道(仮)

数年ぶりに訪れた修善寺林道。
でも、正式な名称は判らないので、勝手に修善寺林道と呼んでいます。
ラフォーレ修繕寺へ行く道の途中で分岐して入りますが、この林道は川跨ぎが4ケ所あるんでっすよね。
また、途中左への分岐がありそれを進むと県道127号に抜けれれるましたが、今はどうかわからない・・・・
直進は行き止まり・・・・
倒木は多いですが、トリッカーでも行き止まりまで行ける程度の林道です。
正確には、行き止まり前に登山道みたいな道があり、アタックすれば、奥の院近くに出る事ができますね。
今はわかりませんが・・・・

この林道は川跨ぎが好きで忘れた頃に来ますね。
今回は一通り行き止まりまで走り、4番目の川跨ぎです。
20141115_16_24 mm

今回は水量が無く走りやすかったですね。
多くても。くるぶし程度なんで。千葉の洗車場(川跨ぎの)より走りやすい。
私的には絵になりやすいのは1番目の川跨ぎで、好きなのは4番目(今回の)ですかね。
20141115_17_24 mm

以前は道も綺麗で落ち葉等もなかったし、車も意外と通っていたのですが、今は趣味の人しか通らない道になってしまったようですね。
そういう意味では写真は撮りやすくなりましたね。
20141115_18_72 mm
この場所(正確な場所ではないかも・・・・)

2014.11.19    カテゴリ: スポット 

   【伊豆の道風景30選】県道119号線

川端康成は、「伊豆は、海山のあらゆる風景の画廊である」と言っています。
平成18年に選定された「伊豆の道風景30選」の県道119号線です。
選定された道の殆どが有名な場所が多い中、地味に選定されていた感じがしたのでやってきました。
富士山もいい感じに見えて、いい日和にきたなぁと言う感じですかね。
20141115_12_39 mm

選定後、道路整備も進みすこしずつ風景が変わってゆくのでしょうか、隠れたいい景色?として覚えておきたいと思いますね。
20141115_13_67 mm
この場所


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog