--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.03.31    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   コンデジ買いました。

コンデジを購入。
と言っても、4年前のモデルでカシオZR800ですね。
F900EXRが突然動かなくなり、困っていたので丁度よかった。
しかも、価格はワンコインです。
本当にバカチョンデジとして利用するので、安くて、簡単なのが良かったので、丁度いいです。
ただ、写真を撮る人のサブカメラとしては、あまり聞かないカシオなんでどうでしょうかね。
一応RAWも対応しているみたいですが・・・

20180330-22-50 mm

結構、高性能なのに色々と残念なカメラなようですね。
私がバカチョンコンデジに必須の機能が、RAW対応と望遠です。
望遠は18倍と25mm~450mmと十分ですが、
RAWはモード撮影の1つで、36mm~しか使えません。。。。
常時RAW撮影できないという感じで、制限が多いですね。
この伝統は最新機種のZR4100も受け継いでいるようです。
ZR4000・ZR3200は次期機種の候補でもあったのですが・・・落選ですね。
画質は色々と健闘していると思うだけに残念ですね。

ま、何を買うかうだうだしていたので、丁度いい繋ぎとしていいかもです。
なんか最近のコンデジ、カメラ本来の機能がほとんど進化してないですよね。。。。
チルトが不要ならZR1800はどう考えても、中身はZR800と同等言う感想なんですが・・・・
スポンサーサイト

2018.03.30    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   白髭シュークリーム工房

久々。

知らないうちに近所に引っ越してきていた白髭シュークリーム工房。
最後に行ったのは5年前・・・・?
練馬(だったけ・・・)にあった時でしたね。

ととろのシュークリームを久々に食べようと思い調べたら近所にあった。。。
バイクに乗って行ったけど・・・
バイクの暖気が10分。
バイクに乗って3分弱ていう感じで到着。。。トータルでは歩いても行けたみたい。。。
20180325-22-31 mm

店内は撮ってないけど、以前のお店より売り場は狭いですが、整ってますね。
シュークリームを4個買って帰宅。
20180325-21-24 mm

久々食べたトトロシュークリームは、相変わらずシュークリームの皮が硬い・・・・
しかし、味は以前よりかなり良くなっていますね。

2018.01.07    カテゴリ: 写真日記艦コレ 

   第四号海防艦の終焉の地

潜水母艦 駒橋と同じ1945年7月28日に戦没した第四号海防艦。
尾鷲と同じグラマン戦闘機の攻撃より、鳥羽のミキモト真珠島脇に沈没した。
今は面影もないのですが・・・
20180104-20-64 mm
この場所

国土地理院の1947/04/25撮影のUSA-M264-5には沈没している第四号海防艦の影がみえますね。
第四号海防艦は、1948年6月30日に解体完了してますから、この写真の時は、海に沈んでいたんですね。
今は、フェリー航路となっている場所ですね。
20180105mikimoto.jpg
色々調べましたが、第四号海防艦の慰霊碑はないようですね。

2018.01.06    カテゴリ: 写真日記艦コレ 

   潜水母艦 駒橋慰霊碑

尾鷲の対潜掃討部隊の熊野灘部隊旗艦 駒橋は1945年(昭和20年)7月28日に米軍グラマン戦闘機6機(F6F-5らしい)による攻撃により沈んだ軍艦です。
この攻撃では、ナウハーホー大尉とバトル少尉は「第14号駆潜艇」や「駒橋」に対してHVAR空対地ロケット弾を撃ち込み、その後、500ポンド爆弾で両舷側に1発ずつ命中し、岸から7~8mのところで座礁したと記録されている。
また、午後1時30分には、第45号海防艦は座礁していたが、戦闘機より攻撃を受けている。
この尾鷲攻撃による米軍機の対空戦闘時間は3時間45分と記録されていました。
20180103-04-46 mm

駒橋の慰霊碑ですね。
海防艦 駒橋とありますが、実際には艦種変更されていないため、潜水母艦 駒橋となります。
ちなみに、たった2隻しかいない、終戦まで艦種変更されなかった艦ですね。(駒橋以外には野戸呂しかいません。)
20180103-03-46 mm

記録には、攻撃の翌日から1隻だけ残ったカッターで遺体の収容を行ったが、耳から蛆が湧き出し、異臭を放つ変わり果てた戦友の戦死遺体が湾のあちこちで収容したとあります。
この様な遺体なので、この慰霊碑の場所で荼毘に付したそうです。
20180103-05-24 mm
この場所

尾鷲市内の白石墓地にある熊野難部隊の慰霊碑。
駒橋・第14号駆潜艇・第45号海防艦ら熊野難部隊所属戦没者の慰霊碑ですね。
20180103-06-40 mm
この場所

駒橋の着底した場所です。
今は、堤防となっているのですが、バイクを止めていたあたりが着底場所となります。
20180103-07-.jpg
この場所

第十四号駆潜艇の着底場所。
堤防のすぐ先あたりになりますね。
20180103-08-24 mm
この場所

良く見えないのですが・・・
第45号海防艦の着底場所です。
写真では、中央の対岸ですね。
20180103-09-64 mm
この場所


国土地理院のUSA-R532 NO2-5 1947/11/12にまだ、移動されづにいる、駒橋らの艦影が見ることができます。
矢印がそれぞれの艦です。
20180105_OWASE.jpg

2018.01.01    カテゴリ: 写真日記日々の事 

   あけましておめでとうございます

May the year of 2018 bring you a lot of happiness and smiles.

3年連続、川崎の浮島からの日の出です。
今年はどんな年でしょうか。
20180101-03-202 mm

去年までは、ぽつぽつ人がいる感じでしたが、急に人の多い場所になってきましたね。
来年は新しい場所を探さないといけないのでしょうかね。
20180101-02-64 mm

トリッカーも年末にフロントフォークのオーバーホルに続き、フロントディスクとブレーキパッドとグリップとバッテリーの交換をしました。
フロントディスクとブレーキパッドで2390円のパーツ代。
フロントディスクは今まで使っていたのと同じもの、持ちは純正と比べると持たないけど、強度と効きは十分ですかね。
ブレーキパッドは台湾製のシンターパッドですが、デイトナのハイパーシンタードパッドと同等という感じですね。
こまめの交換ができるならこの辺のパーツで十分と思います。
20180101-01-31 mm

2017.11.04    カテゴリ: 写真日記艦コレ 

   艦名命名について

最近入手した本に昭和3年12月に出版された「日本海軍 艦船名考」(東京水交社版)を読んでみると、
自分の知る艦名の命名とちょっと違う艦名の意味が記載されていました。
結構あるのですが、その中でも違いが大きい物を抜粋してみました。

ちなみに、昭和3年の出版なので、特三型はまだ建造中で、正式に命名されておらず、この本にも「電」「雷」「響」「暁」を含めて以降の船は記載されていませんでした。

まずは、重巡洋艦の衣笠です。
神奈川県の衣笠山または、京都の衣笠山と思っていたのですが、四国の高越山(別名衣笠山)と記載されてましたね。
艦内神社での混乱もあるので、一応知ってはいた話ですが。

次は駆逐艦 松風。
「松林にうちつける風」という意味と思っていたのですが、「松を吹きぬく風」とは、似ているようで、違う感じもして、違和感です。
20171104_003.jpg

次が駆逐艦 綾波ですが、wikiでは「重なりあって寄せる波」とありますが、「絡み合って寄せる波」と言う風に覚えていたのですが、「あやの如き美しきなみ」と書いてあります。
ある意味私の解釈に近い命名なのですが、艦名にはすごく珍しく「美しき」と言う装飾語が入っているんですよね。
この様な装飾語が入っているのは、綾波のみです。
作成した人に何か意図でも・・・と思ってしまいます。
ちなみに「重なりあって寄せる波」だと、頻波と同意語になるのではと思いますが・・・
頻波 は「しきなみ」と読みます。(敷波とほぼ同意語と思われますが・・・)

次は、駆逐艦 潮ですね。
「川の水が海に注ぎ入る事」だそうです。
私の知っていた意味では、「海水」または「潮汐」と同義と思っていたのですが・・・違うようです
また、朝潮も同じ意味ですって・・・・?(呂500風・・・)
朝潮って、「朝、潮位が上下する現象」を意味していると思ってました。

最後が神風型駆逐艦 野分(陽炎型ではない・・・)
野分とは、「台風の古称」と理解してたのですが、
「秋末から初冬に吹く風」と言う意味で、台風のみを指す言葉ではないようです。
ちなみに「台風」ですが、使われ出したのは結構近年で1956年の「同音の漢字による書き換え」でタイフーンを同音の語源として「台風」と表記されるようになった外来語ですね。
それまでは、野分もしくは颶風(ぐうふう)・大風と称していた。
海軍での「野分」の艦名意味の語源は、大風の意味として書かれたのかもしれませんね。
20171104_002.jpg

上記艦名以外にも、意外と思える艦名意味も載っていたのですが、特に違和感のあった艦名だけ抜粋してみました。


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。