カテゴリー 《 寺社・教会 》   全19ページ
このページのリスト
► 次のページへ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.06.01    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   酒匂神社

小田原にある酒匂神社(もとは駒形神社)です。
軽巡の酒匂の艦内神社とは言えない・・・
軽巡の酒匂の艦内神社はどこだか明確になってません。
戦時竣工の艦は結構、艦内神社が明確ではない物がおおいですから。

酒匂神社は、安久五年(1149)箱根権現を勧請し、駒形社となり、明治十年四月神仏分離令により近くの八幡社をここに移し、酒匂神社となったらしい。
20170502-107-24 mm

境内は意外と広く、落ち着く感じですね。
20170502-110-44 mm

表忠碑です。
 明治三十七八年戦役の戦死病没者を祭った慰霊碑ですね。
20170502-109-32 mm

その横には三景艦の物と思われる32cm砲弾がありますね。
20170502-108-32 mm

この場所
スポンサーサイト

2017.05.11    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   庚申堂の四猿

東海道32番目の宿である白須賀宿の庚申堂ですね。
20170430-35-34 mm

ここの庚申堂には四猿がいます。
普通は「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿なんですが、それに「せざる」が加わり四猿になってますね。
多分、「せざる」が加わったのは孔子の論語が由来で日本では庚申信仰と結びついて今の様になったといわれてますね。
四猿が広まらなったのは、死に通じるという理由で広まらなかったようですね。
20170430-36-34 mm

この場所

2017.05.09    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   伊良湖神社

伊良湖神社です。
明治38年陸軍による大砲の試射場拡張で伊良湖村の土地は強制接収されここに移転したそうですね。
見るからに格式ある神社の様な気がします。
参道を歩き・・・・びっくり・・・・
参道を曲がった所の小屋にりあるな白馬の作り物・・・・かなり心臓に悪い・・・・
軍人さんの銅像があると聞いていたのですが・・・ない・・・・
20170430-30-24 mm

伊勢神宮の内宮に似ている気がします。
本当に格式が高い神社ではないかと思いますが、どうでしょうか?
20170430-31-46 mm

この様な格式の神社はあまり見たことがないので・・・・
ところで、給糧艦伊良湖の艦内神社って判明してないのですが、ここでしょうかね?
20170430-32-48 mm

帰りがけに神社の人がいたので聞いたのですが、職員なのでよくわからないとのこと。
ただ、軍関係の奉納品は見たことがあると言ってました。
今度、問い合わせたいとお願いして終わりましたが・・・
残念ながら神職の方は不在との事で聞くことができませんでした。

この場所

2016.06.22    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   観音寺跡

観音崎の由来となった観音寺跡の碑。
元々は観音崎灯台の下にあった観音寺や海蝕洞穴に祀られていた鵜羽山権現は、陸軍の砲台を作ることになり、ここに移された。
その後、昭和61年の火災で消失している。
20160619_13_52 mm

観音寺の案内板ですね。
20160619_14_24 mm

観音寺跡の隣には、駆逐艦村雨の慰霊碑。
向いの大きい家はPVとか撮影されるスタジオですね。
20160619_15_24 mm

この場所

2016.05.15    カテゴリ: スポット寺社・教会 

    バイク神社(安住神社)

2016年GWツーリングでの最後の訪問場所は、約30年振ぶりに訪れた安住神社。
多分新しい鳥居が出来た頃ですね。

以前訪れたときは、落ち着いた村社だったが・・・・・
今回訪れたら綺麗にケバケバしくなっていましたね。
これ程の違いを見せた神社は今戸神社以来ですね。

この神社は西暦899年ごろ出来たいわゆる村の鎮守様ですね。
古くからこの神社は、安住という名から「安らかなる住まいの神様」と呼ばれ、安心して暮らせるよう家をお守り下さる神様といわれます。
現在はバイク神社認定1号と言う事で有名になっているようですね。
調べても歴史的にはバイクとこの神社を結びつけるものはない・・・・
ま、神社も商売ですからね。年々効能が増えている神社も結構ありますからね。
20160503_58_.jpg

ここ十年で境内はリニュ-アルされたようですね。
基本的配置はあまりかわってはいないようですが。
20160503_56_24 mm

今ではバイクと安産が祈願のメインになっているようです。
20160503_55_24 mm

神社と言う空間に、なんか禍々しい場所は社務所の裏・・・・
大量の写真と黄色いてる坊・・・・?
なんだこの場所?
20160503_57_24 mm

神社ではヘリコプターの無料試乗をやってました。
飛行学校の勧誘をかねてやっているようですね。
バイクから飛行機にも手をひろげるのか・・・・
20160503_59_.jpg

ステッカーは当初無料で配布していたようですが、現在は有料ですね。
神社の方は、できれば無料配布を続けたかったようですが、大量の持ち帰る人が多くてできなくなったようです。
20160507_61_28 mm

お守りの昇格した幸せの黄色いてる坊(1500円)ですね。
幸せの黄色いてる坊は千葉の鴨川で生まれた「東日本大震災の被災地復興」を願い販売を開始されたアクセサリー。
ヘルメットとお守り(前掛け)がオリジナルですが、ここではお守りに昇格していますね。
20160507_60_24 mm

この場所

2016.03.14    カテゴリ: スポット寺社・教会 

   雷神社(浜空神社)

浜空神社の移転先である雷神社(いかづちじんじゃ)。
931年創建し、1581年に現在の場所に移転。
祭神は火雷命(ほのいかづちのみこと)。
降雨を祈る雨請いが、神社の起源と言われているが、現在は主にご神木の銀杏から、安産や子育てとされている。

ゲーム艦これの影響で巡礼地扱いされている雷神社ですね。
絵馬に雷の絵を描いて奉納されているのも、ちらほら見る事ができます。
しかし・・・駆逐艦雷とのつながりは、特にないのでは・・・と思いますが・・・・
20160312_12_.jpg

昭和35年に火災から再建された社殿。
思ったより狭い敷地に立っている感じがしますね。
20160312_15_.jpg

平成20年に移転した浜空神社。
浜空会の人が清掃しているのか・・・・外の場所より綺麗です。。。
20160312_13_18 mm

なんか読みづらい場所に名前が書いてありますね。
20160312_14_22 mm

ここでふと雷と言う事で・・・・読んだ本の事を思い出しました。
駆逐艦雷等昭和14年当時の事を書かれているのを・・・(3本ありましたかね・・・)
響の乗員の方のか1本。雷が2本で、同時期ですが、双方は知ってはいたのでしょうが、記載にそれぞれの名前が出ていないので、友人関係では無いようでした。
本は「海軍駆逐隊」「海軍機関兵の回想」だったのですが、1本はどの本だったか覚えていない・・・・
この3本の記載に共通点があり、その場所をこの後行ってみます。

この場所


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。