カテゴリー 《 有名人 》   全10ページ
このページのリスト
► 次のページへ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.01.23    カテゴリ: スポット有名人 

    芥川龍之介住居あたり

横須賀の汐入ですが、芥川龍之介が海軍機関学校の嘱託英語教官をしている時に下宿していたあたりとなります。
20170122-06-24 mm

芥川龍之介が下宿していたのは、この正面の奥らしいですが・・・・
この場所に住んでいたのは半年位。
20170122-05-24 mm

この場所
スポンサーサイト

2016.07.31    カテゴリ: スポット有名人 

   春風亭 昇太師匠の自宅

朝早く起きてしまいました。
コンビニに行くついでにぶらぶらとしてます。
20160731_01_58 mm

ぶらぶら途中に最近笑点の司会になった春風亭 昇太師匠の自宅前を通ります。
以前のご自宅もこの近所ですが、その近くで、この自宅を建てられたんですかね?
この場所は、私の小学校の同級生の自宅跡なんですけどね。
そして、野球選手の落合(元中日監督)の自宅だった場所のはす向いにあたる場所ですかね。
まだあった・・・アルフィーの坂崎さんが交通事故を起こした場所から15m位の場所ですかね。
この辺は、結構有名人の自宅があったりしますが、普通はわからない。。。
でも、50年以上住んでいるとご近所さん情報等からわかるものです。。。。
20160731_02_56 mm

自宅は公表してないようなので・・・様子見で場所は伏せておきます。

2016.01.13    カテゴリ: スポット有名人 

   大西瀧治郎中将のお墓

黒島亀人の計画した特攻の全責任を負い、特攻の実行指揮を行った大西瀧治郎中将のお墓に行きました。

鶴見駅近くにある総持寺。
方向感覚が無くなるくらい広いお寺でした。
全然違う方向に歩いている時に、石原裕次郎のお墓前も通過しました。。。。
20160111_09_24 mm

私は、大西瀧治郎中将は、今の時代で言うリストラの首切り担当部長というべき、ポジションだったと思っている。
この人の事を、短い文章で表すのは難しいが、「特攻は統率の外道である」と言う言葉に、どんなことがあろうとも、特攻が正当化されることはない事が彼にはわかっていたのだと思います。
それゆえ、敗戦の翌日に彼は渋谷南平台町の官舎で自決をしている。
AM3時ごろ腹を十字に切ったが、絶命したのはその日の午後だったといわれている。
20160111_03_32 mm

2000年に建てられた遺書の碑。
大西中将の遺書全文が記してあるこの碑の発起人は総持寺の元副官門司親徳。
20160111_04_32 mm

大西中将の奥様・淑恵さんの発願の「海鷲観音」。
戦後、淑恵さんが特攻隊員の霊を弔おうと飴売りの行商を行い建てたものであると聞いています。
他の特攻関係者が戦後長くなにもせず、大西中将に責を押し付け、長く生きていた事実がある以上、大西中将は行った事に対しての責は全うしている気がしています。
まぁ、意見は色々あると思いますが・・・
20160111_07_58 mm
この場所
だいたいのお墓の位置をさしています。

2016.01.03    カテゴリ: スポット有名人 

   小沢冶三郎の墓

太平洋戦争最後の連合艦隊司令長官で、航空艦隊の生みの親となる小沢冶三郎の墓です。
しかし、生みの親でありながら、航空艦隊の司令官にはなれず、航空艦隊運用には素人の南雲忠一中将が着任し小沢は南遣艦隊司令長官となった。
アメリカも同時期にタスクフォース(空母機動部隊)が編成され、統一意思で運用を開始していたのを、考えると当時の日本軍部の考えでは、敗戦一直線と言うところか・・・
この人事は小沢氏自身不満を漏らしていたとの事である。
小沢氏が海軍総司令長官兼連合艦隊司令長官兼海上護衛司令官になったのは、昭和20年5月29日で、終戦の3ケ月前であるが、既に海軍には交戦できるだけの戦力は無く、終戦に向けての対応を行ったあと、戦後は世田谷の自宅に篭り、一切の取材を断り沈黙を貫いたようです。

戦歴的には、目をみはる戦歴ではないかもしれないですが、日本海軍上層部において海外でも評価されている数少ない司令官の一人ですね。
彼が実績を上げるチャンスは、錬度を兼ね備えた航空艦隊があった南雲中将就任時の航空艦隊しかなかったと思いますね。
特に、山本五十六長官死後は、大艦巨砲主義主流の軍部では、彼の意見は潰されていますしね。
有名なアウトレンジ戦法も錬度の問題で無理と結果から考察すれば、その通りなんですが・・・・
戦後、数少ないインタビューで、「それ以外の方法があったのか」と聞き返されて、誰も言葉を返せなかったと聞いています。
本人も無茶な戦法であったとは思っていたようですが・・・・やるしかなかったと言う時代だったと思います。
ま、戦後評価の分かれる士官の一人である事には変わりないですが。
昭和41年11月9日午後1時20分没。
20160103_01_24 mm

世田谷線の世田谷駅横にある、大吉寺の墓地参道を真っ直ぐ行くと右側に小沢氏の墓があります。
写真でも墓石が見えていますね。
私もですが、隣の円光院と間違える方もいるのではないでしょうか・・・・注意してください。
20160103_02_32 mm
この場所

2015.12.31    カテゴリ: スポット有名人 

   杉原千畝の墓

シンドラーのリストと言う映画をご存知でしょうか?
ナチのユダヤ人迫害より1200人に登るユダヤ人の人々を救った人ですね。
それと同じ行為をした日本人が杉原千畝(すぎはら ちうね)です。

ちまたで言われる、「日本のシンドラー」と言われる人ですが、私は「命のピザ」と言う言葉が、彼のイメージとなっています。
杉原千畝氏が、発行したピザの枚数は2、139枚(最終的には6000通と言う話もある)。
これ以外に命のピザを発行したのは、中国(後に台湾)の何鳳山(約2,000通以上)、ポルトガルのアリスティデス・デ・ソウザ・メンデス(12000通以上)と言われている。
これらの人々は、イスラエルにより「諸国民の中の正義の人」と認定されている。
杉原千畝氏は日本人で唯一認定されている人物となる。

今年(2015)に、唐沢寿明主演で映画が公開され、ひさびさに「六千人の命のビザ」を読み、墓前を訪れました。
しかし、いつ来ても綺麗に清掃してあります。。。
20151230_08_36 mm

お墓の前の景色です。
大きい墓地なんで、行くのに迷います。。。。
20151230_09_24 mm
この場所

2015.08.13    カテゴリ: スポット有名人 

   サザン神社

サザン通り商店街にあるサザン神社。。。。。
でも、開いていない。。。。
2008年にサザン30周年を記念して作られた神社だそうだが・・・・・
さすがに、朝6時では開いていないですね。。。。
20150719_02_.jpg

この場所


Copyright © ぽっ~んと独り言 All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。